-まいんどくえすと-

Home / タックルインプレッション / シマノのゾディアス(ロッド)がバス釣りでオススメな3つの理由。

シマノのゾディアス(ロッド)がバス釣りでオススメな3つの理由。

 

コスパ最強ロッド

ゾディアスがオススメな3つの理由

 

バスフィッシング業界では実に様々なロッドが発売されていますが、その数が非常に多くて迷ってしまいますよね。
僕は今までに色々なロッドを購入しては売って…という”ロッド沼”にハマってしまっていたのですが、その沼から脱出させてくれたのがシマノのゾディアスでした。

 

 

ゾディアスというと「コスパに優れたそこそこのクオリティのロッド」というのが世間の評価だと思うのですが、釣り場ではゾディアスを使ってる人を見かけたことがほとんどありません(関東のレンタルボートです)。
なぜこんなにも素晴らしいロッドがあまり使われていないのか不思議なのですが、実は僕が以前までゾディアスに対して感じていたイメージは以下のようなものだったんですよね。

 

・安物を使っていては見栄が張れない。
・安物タックル使ってるとナメられる。
・ゾディアスなんて初心者用ロッドっしょw

まぁ完全に偏見なんですが…こう考えている人は僕だけじゃないはず。

使えばわかる、所有すればわかるゾディアスの心地よさ!w

 

この記事を読んでくださっているあなたも、ゾディアスに対して偏見があったりしませんか?実際に使ってみれば「安いロッドなんてクソでしょ…」という考え方がガラリと変わってしまうかもしれませんよ。

では、なぜコスパ最強ロッド「ゾディアス」がオススメなのか?
その理由は大きく分けて3つあります。

 

 

コスパが良いので実験できる

ゾディアスは1万円ちょいで買えてしまうので、新たなタックルバランスを調整したいときや、新しい釣りにチャレンジするときにもストレスなく購入に踏み切れるのが強みです。

ビッグベイトやマグナムクランク
パンチングやヘビーカバー
ジグ・テキサス
クランキング

などなど、専用ロッドが必要になってくるような釣りにチャレンジしたいとき、コスパがよく性能も十分なゾディアスならあなたを満足させてくれるでしょう。
もし失敗してしまったり飽きてしまった場合でも、お財布(と心)にダメージが少なくて済むことが、ゾディアスの良い部分であると僕は考えています。

 

 

 

作りが頑丈

ゾディアスはバスフィッシングの本場アメリカでもテストされている本格的なロッド。
海外のシマノプロスタッフがテストしているので、トーナメントにも耐えうる頑丈さは折り紙つきです。

僕はロッドを丁寧に扱うタイプではないのですが、ゾディアスは多少放り投げたくらいじゃあブっ壊れる気配がありません。
そもそも軽く放り投げたくらいで折れてしまうような繊細なロッドなんて使っていられないんですよね。ガイドの素材?何それ?実釣には関係ないっしょ、みたいな(笑)
ゾディアスはマジで頑丈なので、タックルの扱いに気を使いたくない人には間違いなくオススメです。折れてもまた買えばいいや、くらいのスタンスでいるから気持ち的に楽なのです。

※雑な扱いを推奨しているわけではありませんので、自己責任でお願いします。

 

 

 

等身大の自分で居られる

以前まではワールドシャウラ(現在も所有しています)やロードランナー等の高級ロッド志向だった僕ですが、ゾディアスを使うようになってから、良い意味で”気が抜ける”ような印象を感じています。
僕はプロやハイアマチュアみたいに釣りが上手ではないのですが、高級ロッドで見栄を張らなくなった分、余計な気張りが無くなりました。

ま〜あんまり金かけないで、のんびりと好きなフィールドで好きなルアー投げましょうよ。それだけで楽しいでしょうよ…みたいなスローライフw

 

自分の実力の現実を知っていて、尚且つそのレベルに見合ったタックルを選ぶ。自分にとって等身大なタックルを選ぶと、釣りにストレスがなくなるんだなぁと、ゾディアスが教えてくれました。
何と言うかゾディアスを使っていると「あぁ、俺はこんな実力でもオッケーなんだな」みたいに、本当は下手くそなのに高級タックルを使うことによって、下手な自分を認めたくない気持ちがあったことに気づいたのです。高いタックルを使いこなしている自分…凄い…みたいな意識が薄れてきた感じ。

 

________

 

 

ゾディアスをメインタックルにすることで、今まで感じたことのなかった新たな気持ちでバスフィッシングを楽しめるようになりました。
バス釣りにマンネリを感じている人、タックルを増やしたい人、高級タックルを使うことに疲れてしまった人は、ぜひゾディアスを使ってみてください。新たな扉、開いちゃうかもしれませんよ?(笑)^v^

 

 

 

お知らせ☆ブログを引っ越しました。
新しいブログ↓
matatamacoron.com
このブログは残しておきますので、今後もご活用ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。