-まいんどくえすと-

Home / バス釣り / 釣行記:相模湖。ハイプレッシャー対策。バス釣りは”運”ではないことを実感。

釣行記:相模湖。ハイプレッシャー対策。バス釣りは”運”ではないことを実感。

 

2019/07/16
神奈川県 相模湖

 

 

 

 

相模湖に行ってきました。
梅雨時なのであいにくの雨模様でしたが、相変わらず相模湖は人気なようで、僕以外にも釣りを楽しんでいる人が大勢いました。

 

 

今回は久々に朝一から開始。
開始が6:00くらいになりましたが、この時点ですでに多くの人がバンク際、岸際のシャローを叩きまくっておりました。
必然的に僕はその後を流すことになるんですが、彼らと同じようなことを行なっていたのでは”運ゲー”になってしまいます。

 

ヤル気のある魚が運良くシャローに浮いてたら釣れる。いなかったら(他のバサーに釣られていたら)釣れない。
こういう運ゲーを繰り返してもあまり上達が見込めないし、何よりも、”そういう魚”を多くの人たちとシェアしていたのでは自分に釣れる魚が減ってしまう。

最近はこんなことを考えて釣りをしているのですが…とある”策”をとるようになってから、これがまぁ割と有効らしく、ハイプレッシャーな状況でもちょびっとは釣れるようになってきました。

 

 

 

 

大勢の人が流していった後のインレットにて。40cm弱。

 

 

直前に他のバサーが丹念に釣りをしていたポイントにて。これは35cm程度。

 

こういう人気ポイントでチラホラと釣れるようになってくると自信つく。バス釣りって運ゲーではない。運もあるかもしれないけど、安定して釣ってくる人で運ゲーしている人なんていないんじゃないかな。

 

「まぁ、バス釣りなんて運だからな」

 

これは過去に僕の知り合いが、僕の釣果に対して皮肉を込めて放った言葉(だと解釈している)。バス釣りに対してこういう解釈をしている人って、運で釣れるような釣りしかしてないのかもしれないなぁ…ということもわかってきた。

上手いアングラーは人が多くても釣る。ハイプレッシャーだろうがタフだろうが、とにかく魚に触る。運じゃなく、彼らは必然で釣っている。

 

プレッシャー対策、プレッシャー意識って大事。

 

 

 



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。