-まいんどくえすと-

Home / タックルインプレッション / 18 ワールドシャウラ 1702Rのインプレッション、評価その2。驚異の汎用性。

18 ワールドシャウラ 1702Rのインプレッション、評価その2。驚異の汎用性。

18 ワールドシャウラ 1702Rを購入してから随分経った。
購入当初はデザイン性の良さやブランド感に惹かれていたが、時間が経過してからはその評価はどのように変わったのか?

まずは敢えてマイナス面から。

 

 

 

 

☆レンタルボートでは…?

 

出番が少ない

ワールドシャウラ1702Rである必要がない

長ぇ

この3点が気になった。

 

房総リザーバー等のレンタルボートで使い込んでみたが、レンタルボートでは長さが仇となっているように感じた。

これはワーシャ1702Rじゃなくても言えることなんだけど、7フィートのレギュラーテーパーでM〜MHクラスのロッドって、ボートフィッシングには微妙に使い辛いと感じた。
オカッパリだと汎用性が高いんだけど、ボートだと極端に出番が少ない。

 

シャッドテール投げるか、バズ投げるか…ライトテキサスか…重めのスピナベか…ってくらい(ちなみに、バズとシャッドテールの扱いは最高クラス)。
それだけのために1本積むのも邪魔だしかさばるし…って感じで、ボートではワーシャ1702よりロドランLTT680MHのほうが使いやすいし出番も多い。

 

フットボールにも使えそうかなと思ったけど、レギュラーテーパーだからジグ使うにはまぁまぁダルい。というか相当ダルい。ジグを操作するとボヨンボヨンってなる。
このロッドは「巻物を遠くへ飛ばすためのもの」だということがわかった(もともとはオカッパリロッドとして買ったからしょうがないことなんだけど)。

 

ライトテキサス&ライトジグ(7gくらい)にも、やっぱりロドランとかエクスプライド、バルトロとかの6.8MHのほうがいい。
このロッドは割り切って巻きの釣りに使うのが向いてる。
こういう点を含めて、「ボートでわざわざ1702Rを選ぶ必要あるのかな?」という疑問を抱えている。

 

あと、Mクラスで投げるクランクやスピナーベイトを使うなら、やはり6半くらいのレングスが使いやすい。
それにMHで打ち&強めの巻きやるなら、やはり6.8フィートくらいのロッドが良い。
亀山とかでシビアなサイド&バックハンドを正確に決めていくなら、7フィートはちょっと長いと感じた。

 

サイドキャスト、ロールキャストする際に水面叩いちゃうのも気に入らない。
ワールドシャウラはキャスト感が素晴らしいのに、キャストに気を使わなきゃならないのは相当クる(笑)

これは僕が意識して高い位置で投げればいいんだけど、やっぱりその辺りも6.8レングスには敵わない。結構気を使ってロールさせるのはストレス。
キャスト感とかこの辺りの件は完全に個人の好みだから、全く参考にならないと思う。

 

ということで、ボートでは7フィートM〜MHロッドのワーシャ1702Rは、6.8MHロッドにお株を奪われてしまう感が強いと思った。「レンタルボートで7フィートのM〜MHクラスのロッドは、出番が少ない」っていうのは、僕の中でマイナス面。わざわざ長いロッド選んでストレス溜めるより、1652Rを選んだほうがいい。

 

どうしてもワーシャでボートやりたいんなら、絶対1652R。
1652Rのほうがもうちょいシャキっとしてるし、10gジグくらいなら扱えるから、あっちのほうが汎用性が高い。

デメリットはこれくらいにして、次は気に入っている点について。

 

 

 

 

☆驚異の汎用性

1.8gネイルシンカー+4〜5インチワームのネコから、ジョイクロ178まで投げられる驚異の汎用性は未だ変わらず。
同じようなコンセプトにスティーズのファイアウルフがあるけど、ウエイト上限とタフネスさはこっちが上だと思う(ファイアウルは使ったことがないから比較できない)。
ジョイクロ178はヨッコラセ投げになっちゃうけど、折れそうな気配など皆無。「オラァ!」って感じでブン投げて遊べるから楽しい。

 

7gくらいの軽量ルアーはピッチングで扱うなら余裕。サイド、オーバーはちょっとしんどい。でも普通にやれる。個人の技量次第。
ハチサンとかニブイチのスピナーベイトは最高。特にニブイチは投げてて一番楽しいし気持ちいい。

 

20g前後、例えば大きめのシャッドテールとかポンパみたいなハネモノも気持ちよく投げられる。
1オンスくらいのものでも余裕だが、このあたりからキャスト感に快適さがなくなってくる。

 

 

村田さんの、

「7g?余裕です。ジョイクロ178?余裕です」

っていう声が聞こえてくる(笑)

 

 

全てのメーカーの中からオカッパリ用ロッドで1本だけ選べと言われたら、僕は間違いなくこのロッドを選ぶ。
1652Rだとちょいフィネスやるには張りが強いし、遠投も1702Rの方が勝る。キャスト感は1702Rのほうが気持ちよく曲がってくれて楽しい。

 

ボートでの汎用性や扱いやすさは1652R。
おかっぱり汎用性ロッドに特化させるなら1702R。

 

こんな感じで使い分ければいいと思う。

 

ただ、長さ故にジャーキングとかトップの操作系の釣りはダルい。
軽いから使えないことはないんだけど、やはりその点は1652Rが上。

 

 

 

 

☆衰えぬグリップ美

 

買ってから結構使い込んだけど、グリップ素材のおかげでマジで汚れがない。

コレ、マジですごいよ!僕みたいに手汗ハンパないアングラーでも黒ずみ気にしないで済むから!

そして何より、カラーリングね!この美しいグラデーションとデザインは見ていて惚れ惚れする。
ボートとかでこのロッドが一本あるだけで、タックルたちの雰囲気がパァーっと明るくなるもん(笑)

僕的にはこのデザインだけで十分”買い”のレベル。

 

 

 

 

 

☆6半感覚で振れる

重量が軽いからだと思うけど、6フィート5〜8インチくらいの感覚で振れる。
ボートだと腕が疲れてくると水面にルアーが当たっちゃうこともあるけど、スイング感は7フィートを感じさせない。

メタニウムとかの軽量リール使うよりも、アンタDCMDとかバンタム、カルカッタみたいなちょい重めのリールと合わせるといい感じ。
「軽い&曲がる&長い」のメリットが十分に堪能できるバランスになる。
ボートで1日中スピナベ振ってても、疲労感は皆無。

 

 

 

 

☆まとめ

 

ボートであんまり出番がないものだから、一時は手放すことも考えた。
でもデザインとかカラーリングがマジで好きだし、一応インテリアにもなるからいっか!って感じで、未だにお気に入りの一本として部屋の片隅に置かれているロッド。

ボートは微妙だが、おかっぱりでちょいフィネスから何でもブン投げたいならワーシャ1702Rはオススメ。

 

 

 

 

 



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。