-まいんどくえすと-

Home / バス釣り / 釣行記 秋の豊英ダム。デカダッジフィッシュ。まだトップでも出る。

釣行記 秋の豊英ダム。デカダッジフィッシュ。まだトップでも出る。

2018/11/12
豊英ダム

秋も深まる中、豊英ダムに行ってきた。
気温は18℃、水温は17〜18℃。
水質はステイン〜マッディ。エリアによっては2.5mくらいまで見えるくらい澄んでいた。

釣果は最大46cm、計3本だった。

今回の釣行は、「自分の投げたいルアーだけ投げるワガママスタイル」というお題の元の釣行だった。
最近のフィネススタイルに嫌気がさしていてストレスが溜まっていたので、好きなものを好きなように投げさせろ!と。

好きな釣りを貫けるのか?
流行り、常識の釣りに逃げるのか?
「もし今回結果を残せたら、自分のこれからの釣りスタイルをガラッと変えよう」という意気込みで、今回の釣行に挑んだ。

7:00出船。

朝一ということもあり、とりあえずはトップをやってシャローを探っていくことにした。

釣りの序盤は魚を釣る必要はない。
とにかく情報を集めることに集中する。
そして、得た情報に対しては無駄な解釈をせず、事実のみを抽出していく。

あと、秋の立ち回りのセオリーである、

・水が良いエリア
・ベイトが豊富なエリア

これを意識して立ち回っていくことにした。

ちょっとした入江みたいなところでトップに食ってきた。

1本目はデカダッジ。デカい羽根モノ系ルアー。
オリジナルサイズではないが、ようやくダッジを購入できたので、嬉しい魚!
2m以浅のシャロー。

朝イチの序盤に釣れる魚はあんまり信用出来ない。
運良く活性の高い魚に巡り合っただけかもしれないし、博打要素もあるし。
でも嬉しいものは嬉しい。

しばらくして、ファイボス3.8インチの7gテキサスで2本目。


ブレイクというか、ボトムに沿わせたカーブフォールで食ってきた。
この魚もシャロー。

3本目はファイボスをトレーラーにした、7gラバージグ。

この日最大のこの魚もシャロー。


フォール中に食ってきた。アタリは全く出ないで、ラインだけが微妙に速く送り出され、ほんの少しだけ横に走ったような感じ。

最近はデカイ魚をあんまり釣っていなかったから、この魚は50オーバーだと興奮したけど全然短かった。
重さは1800gくらいあったので、間違って当然かも?

今の時期の豊英ダムは水温が17℃もあるということもあって、まだまだシャローゲームで全然イケるようだ。



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。