-まいんどくえすと-

Home / バス釣り / 釣行記:台風直後の相模湖。迷ったら”基本”へ!バス釣りはメンタルコントロールが命。

釣行記:台風直後の相模湖。迷ったら”基本”へ!バス釣りはメンタルコントロールが命。

 

台風直後の相模湖に行きましたが、余裕でボウズでした!\( ˆoˆ )/

 

普段通っている小規模フィールドやマッディ系レイクは、台風後に調子良かったりするんですよね。
ですから今回も調子乗って「クリアレイクが濁れば、魚がバカになってウハウハやろww」と釣行に臨んだわけですが…まぁ完デコを食らったわけです。考えが甘かった。

激濁りの相模湖。これからは台風直後は行くのやめとこ!!!

 

 

☆釣れない理由探しをやめる

今回は小川亭さんから釣りをスタート。
午前中は本湖〜中流域までをザックリ見てみました。

 

本湖は激濁り+風で釣りにならず。
強めのルアーを中心に探ってみましたがノーバイト。

 

中流域はわりと水が良い。
やっぱ濁りは上流域やインレットから良くなっていくんだな〜と学ばされる。

 

途中、「今日は頑張っちゃダメな日とちゃうか?」と、釣れない理由をフィールドのせいにし始める。
「人通りのない街頭演説に全力で取り組む演者」に全く成果が出せないのと同じように、「ほぼ無理ゲーな状態のフィールド」で頑張りすぎていないか?こんな疑いを考え始めた。

 

「あっ、これ釣れない日だ」
「今日はもう頑張らないことにしよう」
「たぶん何やっても食わない日なんだ」

こういった「釣れない理由」を探し始めると、もうやりきれなくなっちゃう!
だからこそ、日和ったときは「だったら少しでも可能性のある方法はないのか?」に神経を集中していきたいものです。

「原因探し」ではなく「解決」の方向へ思考を持っていきたですね。

 

バスフィッシングはメンタルゲームだヨ。
by 大森貴洋

 

 

☆頭が混乱したら”基本”へ。

昼食と昼寝を挟み、午後からは中流域のみを狙いましたがノーバイト。
出発時、小川亭のおっちゃんに「こんなときはインレットでノーシンカーのワームやるといいで」と教わる。
「やっぱ時代はワームっしょ!ワームやるべワーム♪」と自分を完全に見失い、ほぼ思考停止で実行してみるもノーバイト。
この時点で、自分の釣りに自身が持てなくなっているのがわかるw( ;∀;)

 

「午後はスローダウンで食わせの釣りに徹する!」と腹をくくっていたものの、あまりの反応のなさにイラついて情緒不安定になってしまう心の弱さに嘆いて泣きそうになる。
強めの巻物からフィネス(のようなもの)まで色々手を出し、結局何をすればいいのか訳がわからなくなるという”いつものパターン”に悩まされて終了。

 

…なんかいつもこのパターンなんだよなぁ。
考えて釣りをするのがマジでしんどい。何から手をつけていいのか全くわからん!
ボートの釣りはマジで難しい!

もうアレだ…

 

日和ったら”基本”に忠実に。

これを徹底させるしかない。

 

今回は下流にある小川亭さんからの出発だったので、移動時間のロスが痛かった。
いつもは日相園さんを利用するのですが、「台風直後でまだ店が立て直せて無い」とのことでしたので、小川亭さんを選んだのです。

 

レンタルボートの釣りの経験があまりにも少ないもんで、引き出しが少なくて対処しきれなかったのも原因でした。
移動時間が多くて、全体的にキャスト数が少なかったのも敗因。
その他色々…主にメンタル面が当分の課題です^v^;

「基本からやり直さないとダメだ!」と学ばされた、今回の相模湖釣行でした。

 

 



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。