-まいんどくえすと-

Home / バス釣り / 食う魚は居るべきところにいるから、そこに正しくアプローチすればいいだけ。それが難しいから困ってるんだけどね…。

食う魚は居るべきところにいるから、そこに正しくアプローチすればいいだけ。それが難しいから困ってるんだけどね…。

 

先日、いつもの「クソレベルでスレてるフィールド」で1本釣ってきた。

 

 

 

風が吹いているとき、ウィンディサイドのシャローでエスケープツインのテキサスにて。

綺麗なバスだよね〜…。ここのバスは本当に難しいから滅多に釣れないんだけど、魚体がめちゃくちゃ美しい。

サイズとかはね、まぁどうでもいいんですよ。釣れるだけでも限りなく嬉しいフィールドだから…。

 

でもねぇ、ちょっと意味わかんないw
大好きなエスケープツインで釣れたのが嬉しいww
違う違うwwそうじゃないのww

バルキーでエビっぽいワームなんて、この野池じゃ効果薄いっすよ論が、完全に破壊されちゃったから驚いてるのww

まだまだ俺も修行が足りないな〜〜〜〜^v^;

 

もしかしたら今年は、このフィールドはアゲアゲ〜な感じなのか!?
でも自分に自身をつけるために、「いーや、これはオレの腕が上がったから釣れたんだよっ」ってことにしておこう…。

やっぱりバス釣りって、そういうことなんだな〜と思った。
なにがそういうことなのかって、それは「食う魚は、いるべき所にいて食うタイミングであれば、アプローチさえ合っていれば割と簡単に食ってくる」ってこと。

まぁ、それを全て一言で済ませる単語が「アプローチ」ってことなのかもしれないけれど。

 

とにかくまだまだ、僕には経験が足りないってことがわかった。
そして、頭(試行)で釣りしててもダメだなってこともようやくわかってきた。

なので、そろそろ禁断のフィネスに手を伸ばす…。

______________

データ

水温 19〜20度

ステイン

風強し

5gテキサスのエスケープツイン

ウィンディサイドのシャローにて。

 

タックル

ロッド:ロードランナーLTT680MH

リール:メタニウムDCHG

ライン:GT-Rウルトラ 18ポンド

 



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。