-まいんどくえすと-

Home / バス釣り / たった1つの意識で、野池のスレバスは釣れる!その方法や考え方。オススメルアーも紹介。

たった1つの意識で、野池のスレバスは釣れる!その方法や考え方。オススメルアーも紹介。

「通っている野池のバスがスレてて釣れない!」と困ったことはありませんか?
年々釣るのが難しくなっているブラックバスですが、釣れないとつまらなくなって辞めたくなってしまいがち。
友人や釣り友達は釣れているのに、自分だけ釣れていなくてイライラしたり凹んだり…釣り人あるあるですw(笑)
こういった負のスパイラルに入ってしまうと、楽しいはずのバス釣りが、単なるストレスになってしまいます。

 

僕自身、過去に何度も悔しい思いや、辛い思いを経験して釣りを上達させてきました。
友人にバカにされたり、試行錯誤しているのを中傷されたり、ボウズ続きの日々に落ち込んだり…。
悔しかったので何とか続けていたのですが、そういった経験の中で「たった1つのこと」を意識し始めた途端、魚が釣れるようになってきました。

 

たった1つの”あること”を気にするだけで、釣果は驚くほど変わってきます。
これからご紹介する”あること”を意識するだけで、あなたの釣りが大きく変わる可能性があります。

 

・通っているフィールドでバスが釣れなくて辛い。

・野池のスレバスが釣れない。

・そもそも、どうやったらバスが釣れるのかわからない。

 

あなたがこういったことでお悩みなら参考にしてみてくださいね。

 

 

 

______________________

1つだけ意識する

 

 

結論からお話します。
前述した”あること”とは、「ルアーは”疑似餌”である、ということを意識する」です。

 

もちろんこの他にも、水質や天候、気温や水温といった点も、釣りをする上で大切な要素の1つ。
しかし僕たちバサーは、最終的には「プラスチック製のルアー」を、意図的に動かさなくてはなりません。
ルアーには匂いもなく、味もない。
ですから、リールやロッドを動かさなければ、ルアーも全く動かないゴミ同然なのです。
釣り人側が「ルアーは疑似餌である」という自覚を持ち、「捕食対象となる生命」を”演出”してあげなきゃならない。

 

バスプロ達や上級者の人たちは、「水質や地形、天候を読むのが大事」と難しいことを言っていますよね。
でも実は、ブラックバスという魚は難しいことを考えなくても、「合っていれば釣れてしまう魚」でもあります。

この”合っている”というのは、「何に合っているのか?」ということなのですが…。
これも単純。
バスの餌となっているものに合っているか」です。

 

 

_______________________

マッチザベイト

 

 

ルアーは必ずしもリアルな餌に似せて動かす必要はないのですが、
スレたバスを攻略する上で一番大切になるのが「マッチザベイト」という考え方です。

「マッチザベイト」とは、
”ルアーをバスの餌に合わせる”ということで使われている用語です。
ご存知の方も多いかと思います。

 

マッチザベイトとは、
自分が使うルアーを、バスが食べている餌に近づけて、より自然に食わせよう、
といったことで使われる用語。
ルアーの形や大きさ、色や波動を合わせることによって、バスに違和感なくルアーを食わせるって感じですね。

 

僕が野池のスレバスを狙う上で一番大事だと思っているのは、「動きの方向性」です。
今自分が立っているフィールドのバスが、”どんな風に動いている餌を狙っているのか?”を意識するのが超重要なのです。
ここが一番重要。本当に大切。

 

バスが捕食している餌は、

上から降って落ちていく動きをしてるのか?
・小魚のように、横方向にスーっと動いているのか?
底の方でモゾモゾと動いているのか?ザリガニのように底を横方向に動いているのか?

僕たち釣り人は、こういったことにルアーの動きや形を合わせていってあげる必要があるのです。

自分の好きなことだけやっていても、スレたバスは全く反応してくれません。

また、スレバスに効果のあるルアーを投げていたとしても、魚が求める動きでなければ、スレた魚は見切ってしまいます。

 

スレた魚ほどシビアにルアーや餌を見極める能力がありますから、こういったことにしっかり意識できていれば、
スレた魚でも口を使わせることが可能になります。
これが「マッチザベイト」の基本だと僕は考えています。

 

______

あなたが「魚がスレてて釣れない!」とお困りである場合、実はこういった基礎を見逃している可能性があります。
自分が好きなタックルとルアー、好きなポイントで、大まかにリールを巻き、運が良かったら釣れる。
…まぁこれは過去の僕のことでもあるんですが(笑)^v^;

 

こういう釣りも楽しいので時としては良いんですが、「釣りたい!」という気持ちがあるのなら、
釣り人側が魚に寄り添って、合わせてあげる意識を持たないと、スレた魚は釣れないんですよね。

”自分のためにやらず、魚のためにやる”くらいの意識があると、見方も大きく変わってきます。

 

 

________

餌として動かさなくてもいいが…

 

前述しましたが、ルアーは必ずしもリアルな餌として扱う必要はありません。
ブラックバスという魚は、好奇心や競争心、威嚇や反射でも口を使ってルアーにアタックする動物です。
なので、絶対にマッチザベイトを意識しなければいけない、といわけでもありません。

ですが、スレたバスを釣る方法がまだわからない内から、雑誌で言われているような難しいメソッドを応用しようとしても、
自分自身の中で「なぜ、この方法を使って魚を騙そうとしているのか?」が理解できないままになり、釣りも曖昧になってしまい、そのままズルズルと何年も続けていってしまう可能性も出くるので注意したいところです。

 

・リアクション(反射)で口を使わせる!
・スレたバスをフィネス(技巧的なテクニック)で食わせる!
・スレた魚には、小さいルアーを使う!

 

…等々、こういった小手先のテクニックが釣り雑誌ではたくさん紹介されていますよね。
僕もこういったテクを参考にしていましたが、思ったほど釣果は伸びなかったのを覚えています。
こんなことよりも大切なことがあることに、気がついていなかったからです。

 

もしあなたが、バス釣りを始めたて、あるいは「全然釣れない」と悩んでいるのであれば、
難しいテクニックは一旦置いておいて、「マッチザベイト」という基本をしっかり意識することから始めることをオススメします。
これを積み重ねることで、フィールドの観察をするようになり、また自ずと自然(天候や水温等)にも意識が向かい始めるはずです。

 

_____________________

実践

 

では、これまで話したことを実際に試すのにはどうすればいいのでしょうか?
次の記事では、これまでのお話を前提として、スレバスにめちゃくちゃ効果のあるルアーをご紹介します。

 

断言します。
釣りに”絶対”はないのですが、僕もリスク承知であえて断言します。

 

これまでお話したことと、以下の記事で紹介しているルアーをマスターすれば絶対釣れます。

あなたが諦めなければ…。

 

↓ 対激スレ野池バスにめちゃくちゃ効果的な、オススメルアー

【釣れすぎて飽きる…。スレた野池のバスを釣るための方法と考え方。釣れないときにオススメのルアーは?】

 

 



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。