-まいんどくえすと-

Home / タックルインプレッション / ショートロッドの可能性を体感せよ。究極の汎用性【ロードランナーLTT620PMH】インプレッション、感想、評価。

ショートロッドの可能性を体感せよ。究極の汎用性【ロードランナーLTT620PMH】インプレッション、感想、評価。

 

【野池のおかっぱり最強ロッド620PMH】

 

ロードランナーLTT620PMHのインプレ記事です。

 

 

_________________

購入経緯

620PMHを購入した経緯は、レンタルボートで汎用性の高いロッドが欲しかったため。
ノリーズのプロスタッフである伊藤巧さんは「おかっぱりの何でもロッドにもオススメ」と言っているが、僕は精度を求められるショートキャストが必要なシーンで使いたかったために購入した。

 

 

_________________

全体的な印象

 

店頭で振ったり、実釣でも振ってみた印象としては、パラボリック調子がとても気持ちよいということ。
ティップだけではなく、ロッド全体が大きくしなやかに曲がってくれるので、キャスティングがとてもやりやすい。

また、6f2インチという少し短めなレングスのおかげで取り回しも快適。野池やレンタルボートでも気持ちよく扱えるグリップ長とブランク長、そしてやんわりと曲がってくれるブランクスに思わず頬が緩む^v^

ルアーの対応幅も広く、下は9gのクランクベイト、上は40g程度の大型プラグまで難なくこなす。
MHのパラボリック調子でしなやかであるものの、全体的な印象はトルクフルでパワーがあるロッドだと感じた。

 

 

 

______________

キャストフィール

 

パラボリック調子なのでロッド全体が曲がってくれて、キャスティング
はとても気持ちよい。20g程度のルアーを投げているとエクスタシーに達する^q^

9gくらいのシャロークランクも投げれるが、この辺りの軽量ルアーだと快適とは言いづらい。だが、鋭く投げれば狙ったポイントに正確に落とせる辺りは、さすがキャストに命を注いでいるロードランナー。慣れれば問題なく扱えてしまう。

3/8ozのスピナーベイトもしっかり投げることができる。MHパワーということで投げ辛さを感じるだろうと予想していたが、良い意味で裏切られた。パラボリックテーパーのおかげだろうか、ストレスなく投げられることに驚きを隠せなかった^v^;
他のMHパワーのロッドだと、この辺りのウエイトのルアーを扱うには少し難儀しがちだが、620PMHは違う。テーパーのおかげか、違和感なくキャスティングできてしまう。

 

14gを越えるようなルアー…大きめのバイブレーションやビッグミノーも、とても気持ちよく投げることができる。14g辺りのビッグミノーのジャーキングに620PMHは適正を感じている。
先日のボート釣行では、快適すぎて1日中ジャーキングしていたほどだ。持ち重りもなく、手首に爆弾を抱えている筆者が1日中ロッドワークを必要とされる釣りをしていても、手首には負担がほとんど感じられなかった。

 

ルアー重量が18gを越えてくると、いよいよMHパワーのトルクフルなエネルギーを体感できるようになる^w^
ロッド全体が曲がるようになり、キャスティングコントロールも容易になるので使っていて一番気持ちいい重量帯だ。

ハートテールなどのシャッドテール、ザラスプークやポンパドール、ビッグバドなどの大きめなトップ。
1/2ozスピナーベイト、バルキーベイトをトレーラーにした7〜10gのラバージグ、5〜7gのバルキーベイトを使ったテキサスリグ…。
Mパワーでは投げ辛くなる20〜30gのルアーを、ロードランナーLTT620PMHは高次元でこなすことができてしまう。投げていて本当に気持ちいいので、最初使ったときは失禁するかと思ったくらい気持ちよかったw^v^;

 

 

1オンスを越えてもロッドが負けるようなことはなく、スイムベイトやビッグクランク、中型ビッグベイト、大型トップなども安心して投げることが可能。ブルタンク(40g弱)のような大型のトップでも、グリップとレングスが短いおかげで、超扱いやすい。
35gを越えてくるとさすがにキャスティング自体は快適ではなくなってくるが、ロッドが折れるような心配を気にしなくて投げられるのは、さすがロードランナーといったところ。

 

620PMHは、9gのシャロークランクから40gまでの中・大型プラグまで扱えてしまう懐の広いロッド。まさに「おかっぱりの何でもロッド」と言えよう。
野池で1本で全てこなすロッドをお探しなら、僕は間違いなくこのロッドをオススメする。

 

 

_______________

長所

 

6フィート2インチというレングスのおかげで、オーバーハングが多いような野池や、藪こぎを必要とされるオカッパリでは扱いやすい。
グリップも短いので、ジャーキングやトップ、ショートディスタンスでのジグやテキサスのピッチングにも使いやすい。曲がるといってもティップが入りすぎるわけではないので、底物も操作しやすい。

レンタルボートで精度の高いキャストを続けていくようなシーンでも快適。オーバーハングの下を狙っていったり、アシ際や杭などに正確にキャストを決めていくような釣りをするなら、620PMHはかなりの適正を見せてくれる。
また、ボートでディープをフットボールやメタルでバーチカルに誘う釣りでも快適だろう。

正確なキャストを求められるような釣りや、ルアーを細かく操作するようなスタイルでは、620PMHの実力を存分に堪能できるはずだ。

 

 

_______________

短所

 

レングスの短さが仇となり、ロングキャスト性能は高くはない。

バイブレーションをロングキャストしたり、バズでラインスラックを処理しなければならないシーンでは扱い辛さを感じる。
ハードベイトをロングキャストして広いエリアをサーチするような釣りをするときも、短さが足を引っ張ってしまう。

グリップも短いので、遠投するときにもグリップエンドに力が入り辛いこともあり、距離があまり延びない。
広いフィールドの対岸にキャストするときには、短さがストレスに感じてしまう。その辺りはもう1本持っていくなどで対処していきたい。

霞ヶ浦のような広いフィールドや、大型河川でのおかっぱりでは、620PMHの長所を上手く発揮させられずに不満を感じてしまうかもしれない。ロードランナーロッドで広大なフィールドをおかっぱりで1タックルのみで歩くなら、680MHや6100MHのような長めのロッドをオススメする。

 

レングスの短さ以外は、これといって短所が見あたらない620PMH。
パラボリックという珍しいテーパーなので敬遠される人もいるかもしれないが、実際に使ってみたら扱いやすさにきっと驚くだろう。このロッドが不人気なのは理解できない。

このような不思議なロッドは所有したことがなかったので、実はイマイチ用途を絞りきれないでいる。あまりに汎用性が高すぎるからだ。
欲を言わせてもらえば、この調子で6フィート8インチ〜10インチの少し長めのロッドがあれば、おかっぱりの最強ロッドに成りうるんじゃないかな、と思っている。

 

 

 

______________________

パワー

 

40後半のバスくらいなら、余裕で抜き上げることが可能なほどのパワー。このくらいのサイズの魚なら、絶対に主導権は渡さないトルクフルなフィーリングを体感できる。逆に言うと、50オーバーくらいの魚でないとファイトを楽しめないかもしれない、と感じてしまうほどの強靭なパワー。

ショートロッドというところが、このロッドの力強さを強調させているように思う。68のレングスではこの感覚をロッドに持たせるのは難しいんじゃないだろうか。

 

________________

まとめ

 

ロードランナーLTTT620PMHのインプレは以上です。

どうやら不人気なロッドのようで、中古品が多く出回っているようで残念;v;

このロッド、マジで何でも投げれちゃうので、おかっぱりのような荷物が限られるような状況では心強いロッドになりますよ。
カタログにはボートでのディープ攻略や大型トップにオススメ、と書かれていますが、それ以外でもとっても使いやすいから僕は大好き^v^

広大なフィールドのおかっぱりでは出番が少ないけれど、オーバーハングが多い野池では取り回しもしやすいし、キャストも決めやすい。あと、レンタルボート。これが本当におすすめ。
亀山とか牛久沼、印旛沼とかそういったショートディスタンスでカバーを正確に打っていく釣りにも最適。

 

もしおかっぱりで汎用性の高い何でもロッドを探していて、短いロッドが好きなのであれば、620PMHを選んでおけば失敗はないでしょう。

最近では珍しいショートレングスの魅力を、ぜひ体感して頂きたい。キャスティングのレベルが数倍上がって、釣れる魚も増えること間違いないっ^v^

 

 


【バスメイト インフィニティさんが安心でオススメ】ノリーズ ロードランナー・ヴォイス LTT 620PMH (パラボリックバーサタイル)

 

 



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。