-まいんどくえすと-

Home / タックルインプレッション / グラディエーターアンチ”バルトロ”を購入。インプレとか色々。

グラディエーターアンチ”バルトロ”を購入。インプレとか色々。

 

前から何となく感じていた「ハイスペックタックルを使っているとストイックにならざるを得ない説」。
それは嘘か本当かわからないけど、ちょっと気分を変えて等身大なロッドを使ってみたくなった。

最近は「もっと自由に楽しく遊んでもいいよね」っていうスローライフ的バッシングをやってます。

 

で、久々にレイドのロッドで遊ぼうかと思い立ち、運良くグラディエーターアンチのバルトロ(GA-610MHC)が買えたので、軽くインプレッションをば。
アンチのバルトロはどうやら人気モデルらしい。マジでバルトロだけ売ってない。オークションでもクッソ高いプレミア価格で出てたりする。ちなみに僕は、普通にグーグル検索したらナチュラムに売ってたんでラッキーだった。

 

 

で、早速近所の「クソみたいに釣れない野池」で試してみた。

最近のマイブーム「ライトテキサス」にて入魂。

 

 

今年は調子がいいぞおぉぉぉぉ!俺の時代がついにやってきたか…なんてね^v^;

 

10gをギリギリ切るくらいのライトテキサスでも快適にピッチングできる。
ピッチングに特化した釣りなら硬さを逆に利用できる。とにかくピッチング。このロッドはロングキャストかピッチングが向いているように思う。

…中間が無ぇ!

 

 

 

 

インプレ

 

全体的な印象として「硬くて曲げにくい」。

あと「これ、ヘビィロッドじゃね?」っていう感じ。パワーはなさそうなのにヘビィロッド並みに硬い。でもティップは割としなやか。すげーピーキーな雰囲気。

ゾディアスとかエクスプライドのHパワーの雰囲気(硬さ、バットの感覚)に、ティップをMHくらいにしました…って感じだろうか。MHとHの間っていう硬さ。

ルアーウエイトを重くしても「硬さ」が気になって気持ち良くキャストができない。でもなぜかピンポイントにはビシバシ決まる。イマイチこのロッドの特性が掴めないw^v^;

 

グラディエーター系のパッツンパッツンしたロッドはキャストがしにくい。
「中弾性でしなやかさがある」と謳っているが、普段ロードランナーを使っている僕からすると相当硬いように感じる。
曲がらないから余計な力が手首にかかり、手首を痛めてしまった。普段猛烈な筋トレをしているけど、それでもダメだった。

「おかっぱりでベイトフィネスっぽいものから1オンスまで扱えます」っていうのも売りみたいだけど、軽いのはマジで無理だよ、このロッド…;v;まぁ僕のキャストの腕のせいもあると思うけどw

 

______

 

10g以下になるとロッドにウエイトが乗らないので、かなり投げ辛い。まぁMHパワーだから仕方ないよね。
握力とかある人なら、鋭いスイングでどうにかなるかも。
一応、サイドハンドとかなら10gあれば中・遠距離のピンポイントに投げ込めるしなやかさもある感じ。

 

バルトロを使っていて一番気持ちいのは、15g〜22gくらい。
チャターやスピナーベイト、スイムベイトとかトップウォーターで15gを超えるような重量のルアーであれば快適に投げられる。
ティップが弱いわけではないので、3.5~7gテキサスとかジグとかの底物でもしっかり扱える。7gジグに11gのワームをつけてアクションさせてもダルくならない。10gジグはまだ試していない。

 

1/2ozくらいのスピナーベイトでも引き重りもなく快適。
ハートテールとかスイムベイトなら激ハマり。たぶんバズとかもいいと思う。あとはスコーンとか。
ワームが5gくらいのもののネコリグは正直しんどい。ピッチングならいいけど、サイドハンドとかオーバーで投げるのはしんどすぎる。ロッドが曲がらなさすぎる。7gのベイトネコとかなら、まぁまぁイケる。総重量が10g超えるとだいぶ扱いやすくなる。
カバーにピッチングだけで投げて、ベイトフィネスよりちょい上の強さの釣りとか、消波ブロックとか水門とかでスモラバのマイクロピッチシェイク的な釣りをするのでも余裕でいける。川村光大郎氏がやっているような釣りであれば、だいたいはこなせる。

 

上限は40gくらいまでかなぁ。普通に扱うなら30gくらいまでが快適に扱えるウエイトだと感じた。
ブルタンクも投げられるけど、フルキャストはちょいと怖い。「どっこいしょキャスト」ならまぁ普通に使えるけど、やめておこうかな…というぐらいなパワー。
全体的なパワーはワーシャのほうがある。パワーとか粘りはロードランナーにも負けるかもしれないけど、魚をかけた感じではバルトロはパワー不足は感じなかった。30cmくらいのバスだけど…^v^;
30cmくらいのバスなら、2・3mくらいの高さから余裕でぶっこ抜けた。当たり前か…。

 

まだデカい魚をかけてないので、パワーについては未知数。
エクスプライドやゾディアス、ブレイゾンやエアエッジといい勝負かもしれない。エクスプライドほどではないかな…。

投げたフィーリング、竿の曲げ心地はロードランナーに比べるとやっぱ違うよね。
でも、このロッドはこれはこれで何だか気持ちい。なんだろうなぁ…しなやかさの中にもハリみたいなものがある。

 

ロードランナーがムチみたいな感じだとしたら、アンチのバルトロは箒みたいな…。
ロドランがパツ金のチャンネーみたいな感じで、バルトロは”異国から転校してきた元気っ子”…みたいなwちょっとロッド界では異端な空気があるよ、グラディエーターはw^v^;
とにかく、体感したことのないようなフィーリングであることは確か。ジョーカーとはちょっと似てる。そりゃそうだ^v^;

よくわからないけど、なんか使っててキャストが気持ちいいのは遠距離のピンを決めていくとき。
軽い力で遠くに飛んでいって、なおかつピンスポットにもガンガン決まる。この辺りはジョーカーと似てる。

 

____

 

不思議なんだよね、このロッド。なぜかキャストが決まる。
「まだ竿をしっかり曲げられないなぁ〜」なんて思いながらも、キャストはなぜかしっかり決まっている、この感じ。不思議。

投げていて全然気持ち良くないんだけど、キャストはしっかり決まる。特にロングキャストを求められるようなシチュエーションだと光るものがある。その辺りはオリジナルのグラディエーターのコンセプトと同じなんだと思う。

遠投するときには”硬さ”が生きるように感じる。30〜40mくらいのピンスポットに決めていく釣りには抜群にハマる。でも、小規模な野池なんかで小、中距離のキャストを決めていく釣りだと投げにくさ(硬さ)がストレスになる。

広いリバーとか、霞ヶ浦とか琵琶湖とかだと気持ち良く扱えるロッドだと思う。

 

 

ロッドエンドに板重りをバランサー代わりにつけてみたら、ちょっと曲げやすくなった。
ノーマルのままだとかなり先重りするけど、これには何かしらの理由があるのかもしれない。先重り気味だとフッキングパワーが上がるとか(田辺氏談)。

 

中弾性らしいけれども、ボヨンボヨンしすぎず(というか”しない”というか曲げにくい)、それでいて感度も結構ある。
感度はワールドシャウラやスティーズのほうが上。
「値段相応」って感じではあるんだけど、ひと昔前のハイエンドモデルくらいの感度はある気がする。
グラディエーターアンチ バルトロは、ロードランナーLTTシリーズとストラクチャーの間ぐらいだと感じた。

 

 

感度の伝わり方はかなり絶妙なレベル。
ロードランナーのストラクチャーくらいあると雑音も拾っちゃってうっさい感じだけど、アンチのバルトロは絶妙。なんというか、絶妙。
ウザくないけど、無駄なノイズは拾わない印象。エクスプライドより低いか、同じくらいか、ちょっと微妙。ゾディアスよりは高いと思う。
なので、3.5〜7gくらいのシンカーを使ったテキサスリグはかなり快適。

 

キャスト感はロードランナーのほうが好み。感度の伝わり方は今まで使ってきたロッドの中で一番好きかもしれない。自然な感じだから。

____

 

インプレはここまで。

 

正直なところ、スペックとか性能に期待して買ったわけじゃなかったけど、中々いいなぁと思った。
手に入らないからって下手にジョーカーとかに手を出しちゃうと、「なんだ、アンチってこんなもんか」とゲンナリしちゃうかも。今になって思うけど、ジョーカーはマジで巻物寄りのロッドだったんだな…と実感した。

 

今回は07メタニウムの右と左ハンドル両方を使って色々試してみた。もっと重量のあるリールだとキャスティングもしやすくなるかも。でもロッドがかなり軽いから、メタニウムとかでも丁度いいのかも…よくわからん;

岡さんとかはジリオン使ってたり、カナモはメタニウム使ってたりするから、まぁこの辺は好みですよね。
個人的には左ハンドルより、右ハンドルのほうが汎用性が高くて好き。レフトハンドルは右手首だけに負担がかかりすぎて辛い。

 

最近はスペックとか性能とか、もうそんなものはどうでもよくなってきた。好きなロッドで好きな釣りをする自由な感じで楽しんでる。

もし高性能なロッドがほしいならアンチとかグラディエーターは選ばないほうがいいんじゃないかな、と思う。少なくとも性能・スペック重視ならアンチはおすすめしない。
ぶっちゃけ、全体的な作りは安っぽい感が否めないし、硬いから投げにくさも感じるし、パワーとか感度だってそこまで高いほうじゃないから。

 

でも、レイドジャパンの世界観が好きで、尚且つグラディエーターの癖が理解できていて、レイドの道具が好きなら買ってみてもいいかもしれない。

 

 

 

全体的に辛口なインプレになっちゃってるけど、まぁ入手困難さに惹かれて買ってしまった部分もあるし、使用感は個人差があるからしょうがないよね^v^;

 

・「もう一本買いたいと思える?」→買わない。

・「どんな人に向いてますか?」→広大なフィールドで釣りをする人向けかなぁ。このロッドでフィネスから何でもやるってのは、正直おすすめできない。軽いものやるには硬すぎる。フィネスはピッチングでやりますって人なら大丈夫だと思う。

・「1軍ロッドに入りますか?」→入らない。僕には硬すぎ&ピーキーすぎて扱いきれない。

・「値段相応ですか?」→ちょっとブランド料が高すぎるかな〜…。性能とかスペックだけでみるなら、ゾディアスとかブレイゾンのほうが高いかもしれない。あっちのほうが癖がなくて素直だし。でもレイド好きなら買ってもいいと思う。ちなみにおすすめはバルトロじゃなくてジョーカー。

・「バルトロの魅力は?」→ロングキャスト、ファッション性、ブランド感、希少価値が高い、コスパ。

 

 

 

 

 

おわり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。