-まいんどくえすと-

Home / タックルインプレッション / スティーズSVTW インプレや感想。個人的な評価。

スティーズSVTW インプレや感想。個人的な評価。

【スティーズSVTWインプレ】

 

 

ご観覧、ありがとうございます。

現在所有しているスティーズSVTWのインプレをしていきます。
スティーズSVTWの購入を検討中の方や、新しいリールを探している方の参考になると幸いです。

 

 

 

 

★購入動機

購入動機は「フィネスもできて、汎用性の高いリール」を探していたからです。
友人が使っていたこともあり、その使いやすさを間近で見ていたことも影響しています。

 

★全体的な使用感

実際に手にしてみて最初に感じたことは、「軽い」!
カタログのスペックだけを見てもめちゃ軽いということはわかりますが、いざロッドに乗せて投げてみると、「この軽さは武器だな」と実感させられます。

 

使用できるルアーの幅も広く、ネコリグ(4インチカットテール等)から1オンスくらいのスイムベイトまで難なくこなせるのには驚きました(別売りのシャロースプールを搭載しています)。
川村光大郎さんが提唱している「おかっぱり1タックル論」を実現させているのは、スティーズSVTWの力が大きいのだろうな…と思わせてくれるリールです。

では、もう少し細かい部分を挙げていきます。

 

 

 

★キャストフィール

キャストフィールは、TW機構の影響なのか、とても爽快。
タトゥーラSVTWやジリオンSVTWと同じように、スコーン!と抜けて行くようなキャスト感覚を得られます。

投げていて最も気持ちいいルアー重量は、7〜18g辺りかなと思います。

 

・総重量7g前後のネコリグ
・グリフォンのような7g程度の小型クランクベイト
・3/8oz-1/2oz程度のスピナーベイト
・トップウォータープラグ
・3/4〜1オンス程度のスイムベイト

 

…等々、何でも投げられる懐の深いリールです。

 

 

フィネス系のロッドにこのリールを乗せれば、半ベイトフィネスも可能。ファイアウルフのような汎用性の高いロッドに乗せれば、それこそ何でも投げれちゃいそうな感じ…といったとこでしょうか。
僕はワールドシャウラ1652Rに乗せていましたが、4インチカットテールのネコリグから、ブルタンクのような大型プラグ(40gくらい)のものまで扱えました(実はこの組み合わせは最強の汎用性のタックルかもしれないw)。

 

ただ、重量のあるルアーに関しては「普通に投げられるけど、快適ではない」といった印象を受けました。
20gを越えるようなルアーになってくると、少し剛性感(タフネス感)に不安を感じる。
重量系ルアーを扱うことに関しては、タトゥーラSVTWやジリオンSVTWのほうが快適かな…と。

 

ちなみに、最も軽いものだと4インチカットテールのノーシンカーまでは投げられます。
ただし、「なんとか投げられるレベル」なので、ガチのベイトフィネスをやりたいのであれば、ベイトフィネスリールの購入をおすすめします。

 

 

 

 

★飛距離

飛距離に関しては、僕個人としては問題ないかなと感じました。
「問題ない」とは、「琵琶湖のように大遠投を要するフィールドでなければ、不満は感じない」という意味での「問題ない」です。

詳しくは計測していませんが、快適な重量のルアーの遠距離キャスティングであれば、平均して30〜45mくらいなら安定して飛ばせます。
(僕は遠投が苦手なので、上手な方なら50m以上は普通に投げられると思います)

 

50m以上の遠投が必要なのであれば、スティーズSVTWの購入はおすすめできません。
ですが、霞ヶ浦や野池でのおかっぱりや、中規模フィールドのボートフィッシングで扱うことを想定しているのであれば、スティーズSVTWはあなたを幸せにしてくれるかもしれません。

 

飛距離レベルは、僕が過去に使用したダイワリール順に並べると…

ジリオンSVTW>>タトゥーラSVTW>スティーズSVTW>スティーズSV>>>プロキャスターX

こんな感じ。懐かしのプロキャスターも入れてみました(笑)^v^

 

 

 

 

★タックルバランス

さすがに軽量なだけあって、近年の軽量ロッドとはバッチリ合います。
ただタックルバランス的に、7フィートを越えるようなロッドに合わせると、かなりアンバランス。

テキサスリグやラバージグ等のカバー系タックルには、スティーズSVTWは不向きだと思います。リールが軽すぎてアンバランス。

 

個人的に、このリールの強みは「汎用性の高さ」だと感じています。ですから、汎用性の高いロッドに乗せてスティーズSVTWの特徴を生かしていきたいな…と考えています。

ファイアウルフやワールドシャウラ1651・1652R、LTT680MH、ブルーマイスター、F4ー66サイクロン、シマノ系ロッドの1610MH…等々、こういったロッドと合わせると…かなりヤバいタックルができあがることでしょう。

 

 

 

 

★強みと弱み

 

スティーズSVTWの強みは先ほどにも挙げた通り、「驚異的な汎用性の高さ」だと感じています。
「4インチカットテール+1、8gネイルシンカーのネコリグ」を投げられるとわかったときには、「あぁ…ベイトフィネス専用タックルは(陸っぱりでは)必要ない時代が来るのかもしれないな」と感じてしまったほどです。

 

僕が感じたこのリールの弱みは、「剛性感、タフネスさ」の部分。
コンクリートの地面に軽く落としてしまったことがあるんですが、一気に外装がボロボロになりました;v;
高級リールだけあって、取り扱い方にも気を使わなければならないのは、僕のようなおおざっぱな人間にとっては大きなデメリットだと感じています。

 

 

 

 

★まとめ

 

スティーズSVTWは、以下のような方におすすめできます。

 

・4インチストレートワームのネコリグ〜1オンス程度まで投げられちゃう、スーパーリールを探している方(シャロースプールが必須になります)。

・軽量リール&ハイエンドモデルを探している方。

・汎用性の高いロッドに載せて、おかっぱりを1タックルで済ませてしまいたい方。

・大人のおもちゃ的な所有感を満たしたい方。

逆に、以下のような方にはおすすめできません。

・遠投重視で、かっ飛ばしたい方。

・タフネスさをリールに求めている方。

・道具を丁寧に扱うことにストレスを感じる方。

・道具が傷ついてしまうのを悲しむことができる、優しい心の持ち主。

・7フィート以上のロングロッドに載せようか検討している方。

・ビッグベイト、カバーフィッシング等、ストロングなスタイルがメインの方。

 

 

 

さて、今回はスティーズSVTWについてのインプレでしたが、いかがだったでしょうか。
ベイトリールの購入って高い買い物だったりするので悩みがちだったりしますよね。僕も新しくタックルを購入するときには、いつもアホみたいに頭を悩ませて購入しています(笑)

この記事があなたのリール購入の参考になれば幸いです。
ご観覧、ありがどうございました。

 

 

 

 

 

【関連リンク(アフィリエイトリンクです)】

 

このリールでフィネスまでこなすならシャロースプールは必須。

PE下巻きでも代わりになるかと試しましたが、全然違いました。

 

 

ここだけの話…釣具屋で買ったリールは不具合発生する確率高いのですが、アマゾンさんだと不具合が少ない気がします。店員さんや人の手に触れる機会が少ないからでしょうか?

店員さんとの信頼関係を築いていくなら釣具屋。コンディション重視ならアマゾン。

使い分けるといいかもしれませんね。

 

 

 

 

 



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。