-まいんどくえすと-

Home / タックルインプレッション / ベイトフィネス、ネコリグロッドにおすすめ。スティーズ”ウェアウルフ”のインプレ。

ベイトフィネス、ネコリグロッドにおすすめ。スティーズ”ウェアウルフ”のインプレ。

 

ご観覧ありがとうございます。

 

今回は「ベイトフィネスにおすすめロッド」をテーマに、僕が使用していたスティーズ「ウェアウルフ」のインプレをしていきます。

僕がネコリグを多用していたということもあり、主にネコリグを使った際の感想になります。

 

 

使用タックル

スティーズ「ウェアウルフ」

アブガルシア レボLT マグネットチューン済

フロロ10lb

 

 

 

投げやすいウエイト

ネコリグでベイトフィネスを行うときに気になるのは「軽いルアーでも投げやすいのか」という部分。

スティーズのウェアウルフは⒋5インチクラスのストレートワームでネコリグを扱うのも簡単です。

⒋5〜5.5インチワームのネコリグに1.8g程度のシンカーを使用すれば、快適にキャストできると感じました。

ロッド自体には高弾性特有の張りがあるのですが、キャスティングするときには非常に滑らかに曲がってくれます。

ですから、ベイトフィネスに不慣れな僕でも6〜8gくらいのルアーでも気持ちよく投げることができるロッドだと思いました。

「スワンプクローラー+1.8gのネコリグ」といったセッティングで気持ちよくワーミングをしたいのであれば、ウェアウルフはネコリグロッドとして最適だと言えるでしょう。

 

 

 

5g以下のキャスティング

軽量なリグでも投げやすさを感じたウェアウルフでしたが、不満な面もありました。

例えば、4インチのストレートワームをネコリグで扱うときや、5gに満たないシャッドなどを投げるときなどです。

最新のベイトフィネスリールを乗せて鋭いキャストを行えば、そういったデメリットは感じないかもしれません。ですが僕の腕前では、スティーズのウェアウルフは5g未満のルアーを扱うことはできませんでした。

5g前後、あるいはもっと軽量のルアーを扱うのであれば、ウェアウルフではなく「スカイレイ」のほうが向いているんじゃないかな、と思います。

 

 

 

 

‥ベイトフィネスロッド?

「ベイトフィネスが行えるロッド」ということでウェアウルフは人気のあるロッドです。

しかし、僕が使っていて思ったのは「言うほどベイトフィネス向きではないかもしれない」ということでした。

全体的な印象として、ベイトフィネスロッドとしてはいささかパワーがありすぎるように感じるし、かといって巻物に向いているとは思えない。

 

では一体、ウェアウルフの強みとは何なのか。

僕なりに色々と考えてみたところ、1つの結論に達しました。

 

それは、「ウェアウルフはベイトフィネスロッドではない。強めのワーミングロッドだ」ということです。

「軽めのワームが投げられる」というのではなく、「ごく普通のワームを、ごく普通に使う」といった具合に。

この「ごく普通のワーミング」を極限まで突き詰めたのが、ウェアウルフなんじゃないかな、と。

 

 

 

 

ワーミング最強ロッド

僕が個人的にウェアウルフというロッドに対して感じた印象は「強めのワーミングロッド」といったことでした。

 

4インチヤマセンコーのノーシンカーリグ。

3.5〜5gシンカー+3インチワームのライトテキサス。

5〜7g程度のヘビーダウンショットリグ。

5.5〜6.5インチワームのネコリグ

 

こういった「ベイトフィネスにしては強すぎない?」と言いたくなってしまうようなルアーに対して、ウェアウルフはとんでもない適応力を見せてくれました。

 

 

投げやすく、感じやすく、それでいてパワーがある。

感覚的には「ベイトフィネスとMクラスロッドの中間」といったところでしょうか。

ヘビーカバーに少し大きめのワームを投げたいときなどに、ウェアウルフのような強めのワーミングロッドはとても最適だな、と感じました。

 

 

 

 

極上のワーミングロッド

・規模の大きなフィールドで、魚にアピールすることを求められるシーン。

・ヘビーカバーから強引にバスを引きずり出すことを求めるオカッパリ。

・オカッパリ、ボート共に「1本で様々なワーミングをしなければならない」というとき。

 

こういったシーンで、スティーズ「ウェアウルフ」はあなたに最高のフィーリングを与えてくれるでしょう。

 

 

 

オカッパリだと汎用性の高い「ネコリグ」の出番も多いですが、僕個人としてもウェアウルフはベイトネコに向いているロッドであると断言できます。

「究極のワーミングロッド」を探しているのであれば、ウェアウルフはあなたの期待を裏切らないロッドです。

 

 

 

 

 

 

 

 



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。