-まいんどくえすと-

Home / バス釣り / 冬場にバスを釣るための方法。ネコリグというルアーの可能性。

冬場にバスを釣るための方法。ネコリグというルアーの可能性。

 

 

バイトへの最短距離が”フィネス”

 

今年も残すところあと僅か。年末になると自分の釣果を振り返るバサーは多いかと思います。
「今年はけっこう釣ったなー」だとか、「ちょっとイマイチだったな」というように、一年間の成果を思い出して一喜一憂しながら来年の準備をする方もいるはず。

 

僕も今年はバス釣りを通してたくさんのことを経験させてもらいましたが、何より一番大切だと思ったことは「バイトを得る」ということでした。
「一本釣る!」ではなく、それに繋がるためにやるべきこと、それが「バイトを得る」ということを実感した一年だったと改めて感じています。

このことに気がついてからというもの、少しずつ獲れる魚が増えていったように感じています。

特に、今回の記事のテーマである「冬の野池バスを狙う」という目的を達するためにも、このことは非常に重要なことであると考えています。

 

______

 

さて、僕はこの間までハードベイトが主体のバサーでしたが、振り返ってみるとその釣果の多くはワームでした。

「くそーやっぱワームは釣れるなー」と納得いってない部分もあるけれど、「バイトを得る」という目的を達するために一番の手っ取り早いのは、やはりワームだったのです。

 

そこで今回は最近のマイブームであり、尚且つ結果もそれなりに出ている「ネコリグ」の有効性についてお話ししていこうと思います。
それも、「冬場の野池で効果的にネコリグを使う方法」について書いていきます。

 

はてさて、なぜ冬場に「ネコリグ」なのでしょうか?僕なりの考え方や視点を交えながら書いていきますね。

 

 

 

 

 

6c8f6c01

【ネコリグの考案者:村上晴彦】

常吉リグ(いわゆる”ダウンショットリグ”)を考案したのも村上氏。

バス釣り界に多くの革命を起こしている方ですが、彼の強みは”自由な発想で遊ぶ”というところにあるのではないでしょうか。

 

 

冬場のネコリグ

一般的にワーム(それもフィネス)を使うのは、バスの活性が低かったり、人的なプレッシャーなどが原因で「ハードベイトなどの強い釣りだと口を使わない」という状況が多いとされています。
「魚がスレてるし、簡単には釣れないからゆっくり攻めましょうね」といった理由で、ワームなどのスローな釣りを展開せざるを得ないというわけです。

または、先ほども書きましたが「一本釣るために、まずは魚がここに居るのか確認するためにバイトを得る」という目的でも使用されたりします。

 

さて、本題の「冬場のバス」について。

 

冬場になると、水温低下の影響などでブラックバスの体調はどんどん悪化していきます。

水温が一桁台にもなってくると、まず簡単に口を使わないようになっていきます。

 

◆低水温が原因で、魚がもはや動ける状態ではない(魚の活性の上下は水温13℃が目安、と言われています)。

◆冬場に飛んでくる冬鳥の影響で、魚の警戒心が非常に高い。

◆餌を追える体力がないので、フィーディングタイム(捕食する時間)が1日の中で超短時間

 

こういったことが原因で、冬のバスを釣るのは非常に難しいわけです。

 

このような、いわゆるタフコンディションといわれる状況の中では、「スローに誘えるルアー」であったり、「反射(リアクション)を使ったメソッド」が有効になってきます。

近年ではメタルバイブをしゃくったりするような【リアクションの釣り】が主流になりつつあります。しかし、必ずしもそのテクニックがあなたの通っているフィールド、それも「野池」で通用するかというと、実はそうでもなかったりします

ですから、雑誌や動画などを鵜呑みにして「これなら間違いなく釣れる!」といったような固定観念に縛られないように注意することが大切です。

 

メタルバイブのリアクションメソッドはダブルフックといえど、根掛かりが多発するテクニック。 ボートで行うなら根掛かり回収機を使えば回避できるかもしれませんが、野池のおかっぱりではそうもいきません。

根掛かりは魚にプレッシャーを与えてしまうばかりか、環境を破壊してしまう行為。できれば、こういったことを避けていきたいわけです。

 

では、リアクション以外にどういった方法があるのか?

 

それは単純に「食性を狙ったスローな釣り」である、と僕は考えています。

 

そのアプローチをするのに大切な要素である、「根掛からず、場を荒らさず、カバーにも対応する。そして、一口サイズであり、スローに(ときには反射も狙って)釣りを行える」 といった”冬場のバス攻略に欠かせないこと”を全て満たしているルアーがネコリグなのです。

こういった理由から、僕は激タフ・激スレの野池ではネコリグをおすすめしています。

 

…メタルバイブだと魚の付き場のカバーも狙えんし、野池だと根掛かり頻発しちゃって釣りにならんのよ…って感じですな。

 

冬場のバスは、確かに活性はとても低い。ですが、40〜50cmを超えるような大きい個体はマズメ時などには平気でシャローに上がってきたりするので、タイミングよくソコを狙うといいよーってことなのです。

 

 

 

null

ネコリグにて。冬場でも40オーバーくらい体が大きければ、普通に食ってきます。

 

 

次回、ネコリグのアクションやカラー、タックルなどについて「冬場でネコリグを使うこと」について、もう少し詳細に書いていきます。

ほぼ持論。

 

 

 

 

※続きの記事はコチラ

【ネコリグの使い方、考え方。タックルやおすすめワームなどまとめ。】

 

 

【関連記事】

※釣行記※冬の霞ヶ浦。おかっぱdeナイスな1本。

 

※冬でもプラグで釣れる!真冬のバスの釣り方。オススメルアーや方法について。※

 



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。