-まいんどくえすと-

Home / タックルインプレッション / 今後、定説パターンは通用しなくなる。夏のスレバスを釣るためにオススメのワーム”フリックシェイク”!

今後、定説パターンは通用しなくなる。夏のスレバスを釣るためにオススメのワーム”フリックシェイク”!

 

パターンフィッシンングの崩壊

 

「夏のバスはサスペンドしていている」という定説が広がっている昨今。
ワームのノーシンカーリグやバックスライド系ワームなどでサスペンドしたスレバスに口を使わせるテクニックは一般的になりました。

 

 

釣り雑誌や釣り動画などでもよく見られる、

 

「シェード(日陰)にバックスライド系ワームでアプローチ!」

とか

「ノーシンカーでスローフォールさせて食わせる!」

とか

「カバー(シェード絡み)にテキサスやスナッグレスネコリグを入れて食わせる!」

 

みたいなテクニックは、今のスレバスに通用しなくなりつつあります。

 

僕だけでなく、この記事を読んでくれているあなたも微かに感じたりしていませんか?
以前、このブログで「夏の鉄板パターン」を紹介したことがありますが、正直このパターンもいつまで保つのかわかったものではございませんw

「昔みたいにセコ釣りやっても、そんな簡単には釣れなくなった」と、僕自身もフィネス系アプローチを練習していますが、昔と今のバスの変化を日々感じています。

 

昔のように、「3インチくらいの小さいワームをダウンショットやノーシンカーで漂わせていると、小バスが簡単にヒット!」みたいな遊び方も難しくなりつつあります。
サターンワームのダウンショットで確実に小バスを釣ることさえも難しくなっていますね…むしろ新しいことしたほうが釣れちゃうくらい、昔のやり方は通用しなくなってきている感じ。

 

テクニックや知識がネットやSNSなどで拡散されていけばいくほど、ブラックバスを簡単に釣るのは難しくなっていきます。
情報メディアに手軽にアクセスできるようになったのはいいけれど、技術の発展がアングラーにとってネガティブな状況を作り出してしまっていると言っても過言ではありません。

僕たちアングラーは、この状況に対処していかなければ、今後は「ボウズが当たり前」な苦しいバス釣りをする日が続いてしまうかもしれません。

このような状況に、僕たちはどう対処していけばいいのでしょうか?

 

 

”今の定番”は、未来の”過去”

 

「フィネス(ワーム)でやっているのに全く釣れない!」

「ここまでワームのサイズ落としたのに、全くバイトがない!」

「フィネスやってて魚からの反応がないと心折れる…」

このような、釣果に対して嘆き悲しむ声がつぶやかれまくっている昨今。

 

僕自身も釣行を重ねるたびに、スレバスに手こずっていて心が折れかけたこともあります。
「そもそも息抜きでバス釣りをやっているはずなのに、釣れなさすぎてストレス溜めまくるのってどうなの?」という具合にw

 

以前の記事で「これからの時代のバス釣りは、受け身ではなく、能動的にこちらから仕掛けて行く釣りをしなければならなくなってくる」みたいなことを書きました(その記事へのアクセスは最下部リンクからどうぞ)。
その考えは現在でも変わっていません。

 

スレバスを相手にしていくには、これからは「それっぽい食わせのアプローチ」ではなく、アングラー側から何かしらの意図が反映された「仕掛けていく、攻撃的なアプローチ」を行うことが求められていく。
そして、これまでに「定説パターン」だった方法も効果が薄くなっていき、メディアに操られたアングラーには釣果がついてこなくなってくると予想しています。

 

メディアの情報ではなく、自分自身の「意図、考え」がしっかりと反映された方法でしか、バスを釣るのが難しくなってくる。
これが、今後5〜10年にフィールドで起こってくる変化だと僕は予想しています。

 

では、この変化に対して僕たちバスフィッシャーマンはどのように対応していけばいいのでしょうか?
今回は、「フィネス」を主軸にしてお話していきます。

 

 

賢いスレたバスを釣るために

 

僕は個人的に今後のバスフィッシングの流れを予測しておりまして、これからの対処法について色々考えています。

 

◆スレたバスに対して、何かいい対策はないか?
◆そもそも”ワーム”というルアーの特性は何なのか?
◆なぜワームを使う必要があるのか?ハードルアーだとなぜ口を使わないのか?
◆そもそも、スレたバスは”いつ”口を使うのか?どんな状況で口を使うのか?
◆ハードベイトで口を使わないバスが、ワームだと口を使うのはなぜなのか?
◆ワームで食性を狙う釣りは、オールマイティな方法なのか?
◆ジグヘッドワッキーに最も適したワームはどれか?あるいは、自作できないか?
◆新しい、オリジナルな”リグ”を考案できないか?

 

などなど、人工的にプレッシャーのかかっているブラックバスに対して、「そもそも”なぜ”フィネスが有効なのか?」ということを研究する日々が続いています。

 

色々試しました。
それっぽいオリジナルなリグも考案しました。

 

ですが、とあるリグだけには絶対的に敵いません。
その”とあるリグ”は、スレまくった魚がうようよいる野池でも、なぜか安定した釣果をもたらすことに成功しています。

 

バスプロが提唱するバックスライド、ダウンショット、スモラバ、ミドスト、ノーシンカーフォール…このどれでもなく、夏のスレたバスには”とあるリグ”がバッチリはまっているのです。

 

それは【ジグヘッドワッキーリグ】です。

 

 

 

ジグヘッドワッキー

 

「なんだよ!ジグヘッドワッキーなんて誰でもやってるじゃないか!クソ記事だな!」と思われるかもしれません。
そりゃそうですよね、誰でもやってる方法ですからw

 

しかし、です。
これを読んでいるあなたは、ジグヘッドワッキーリグをどのようにして動かしていますか?

 

 

「は?シェイクしまくればいいんでしょ?何当たり前のことを聞いちゃってんのw」って感じですか?
もちろん、「延々シェイク」も正解です。僕も多用します。場合によってはこれだけのときもあります。

 

ですが、ジグヘッドワッキーで「釣れない!」と嘆いてる方は、もしかしたら”延々と一定リズムでシェイク”をやってしまっているのかもしれません。

 

ワッキーの特性は、基本的には「フォール、中層ヘコヘコ」というのは定説ですよね。
しかし、ワッキーの使い方は実はそれだけではありません。

 

多少重いジグヘッドを使って「ピッピッ!」っと中層を、まるでエビが焦って逃げているような演出をすることも可能です。
また、軽いジグヘッドでスローに、ほぼノーシンカーと変わらないくらいのスローフォールをすることもできます。

中層をシェイクしていて、とあるポイントで急にフォールさせて反射食いを狙うことも可能です。

 

 

そして、ここが一番重要ポイントです。↓

 

◆ジグヘッドワッキーリグは「水押し」がノーシンカーリグよりも強い、ということ(広範囲にアピールできる)。
◆ジグヘッドワッキーはノーシンカー系よりもスピーディーに探っていくことができる(フォール+横の動きもできる)。
◆中層を短い距離内でアクションさせ続けられる。
◆ウエイトを細かく変えていけば風などにも対処できる。

 

主にこれらが(ジグヘッド)ワッキーの強みだと僕は考えています。
そして、ジグヘッドワッキーが最も生きる時期が「夏」だとも思っています。

 

 

 

ダウンショットの”違和感”

 

「じゃあ、ダウンショットでもいいんじゃね?」って感じですが、なぜかダウンショットだと結果がイマイチ。

 

もしかしたら、ワームの下のほうにある「なぞの物体(バスからしたら)」の存在にもスレてきているからかもしれません。
よく考えてみたら、「2つの物体が同時に動いている」なんて現象は、魚からしたら違和感の塊であるとも考えられます。

 

村上晴彦さんが考案した「ツネキチリグ(ダウンショットリグ)」が世に広がってから、20年以上経っています。
ブラックバスもアホではないので、「2つの物体が同時に泳いでいる現象」に対して、さすがにスレてしまっているのではないでしょうか。

先ほども言いましたが、「今の定番は、未来の”古いパターン”」です。僕たちバサーは、そろそろ新しいものを作っていかなければならない時期に突入しているのかもしれません。

 

もしかしたら、ダウンショットのシンカーの存在をバスは嫌がっているのかもしれませんしね…。
僕の通っている野池では、ダウンショットの中層アプローチにはほぼ反応はなく、ジグヘッドワッキーであれば食ってくる場合が多いです。

 

ボトムにウエイトを固定させて、一カ所でシェイクするのが目的であればダウンショットが有効でしょう。
しかし、夏の野池に生息しているバスを狙のであれば、ジグヘッドワッキーの独壇場なのでは…?と僕は考えています。

 

スモラバでもいいような気もしますが、スモラバにもスレているような雰囲気があるので、やはり夏のバスにおすすめなのはジグヘッドワッキー。
そして、ジグヘッドワッキーリグに最も適していると僕が考えているワームは、ジャッカルの「フリックシェイク」です。

 

 

 

フリックシェイク

 

最早ワッキー系の定番と言ってもいいワームですが、やはり今でも安定して釣れます。
スモラバもだめ、ダウンショットも効果なし、カットテールやその他ワームのジグヘッドワッキーでも釣れず…みたいな状況でも、なぜはフリックシェイクは結果を出してくれます。

 

「この左右比対称な形状がなんたら〜」と言ってしまえばそれまでなんですが、それ以上にこのワームには「謎の力」が込められている気がしますね…。加藤さんヤベェな…あんた天才だよ…。
フリックシェイクは、今後も間違いなく生き残っていくワームだと思います。

 

僕の生涯初の50アップも、フリックシェイクのジグヘッドワッキーでした。

 

IMG_0015

最初は根がかりかと思いました。それほど重たかった。嬉しかったなぁ…ジグヘッドワッキー最高!^v^
夏のサスペンドしたスレたバスには、フリックシェイクが間違いなく効く、と僕は強く感じています。

 

 

b616beb2-f6ff-423f-833d-6cc85789a2f4

 

【フリックシェイク】

マイクロフリック 0.1g
2.8 インチ    0.7g
3.8インチ     1.8g
4.8インチ     3.5g
5.8インチ     5g

 

 

【フリックシェイク 水中アクション】

 

 

 

「動きがミミズ(虫)っぽいから夏に効く」っていうのもありますが、それ以上に「なぜか釣れる」っていうw
あなたにも、「なぜか釣れるルアー」っていうのがいくつかあったりしませんか?

 

ダイワのピーナッツ2だったり、レイドジャパンのレベルスピン、ゲーリーのハートテール、ノリーズのフラチャット、ゲーリーのヤマセンコー…この辺りはいわゆる「なぜか釣れるルアー」です。
このルアー達についてもいつかお話したいなーと思っています。

 

話が逸れましたが、ジャッカルのフリックシェイクこそが、「ジグヘッドワッキー」の強みを最も生かすことができるワームだと考えています。

 

 

僕は主に3.8と4.8を使っています。
ここにいるであろうピンスポットでネチネチしっかり誘うなら3.8。
サーチ気味で広範囲を流すなら4.8。

 

とりあえず4.8だけあれば、色々なシーンに対応できるでしょう。
フリックシェイク4.8は万能選手。
まるでマリオカートのマリオみたいなオールマイティーさ…。

 

 

 

色々試したけど、やっぱり…

 

ジグヘッドワッキーに適したワームはどれなのか、僕も過去に色々試しました。

 

ダイワ「ネコストレート5 6.25」
ゲーリー「カットテール 4 5 5.1/2、5インチスリムヤマセンコー」
ディスタイル「トルキーストレート 4.8」
ZBC「スワンプクローラー」
OSP「ドライブクローラー3.5 4.5 5.5」
レイドジャパン「ウィップクローラー 4.9 5.5」
エバーグリーン「ボウワーム 4 6」

 

などなど、ジグヘッドワッキーに適しているであろう有名どころ・売れ線どころなワームは試してみました。
しかし、どれも僕にとってはイマイチ。
少なくとも僕の操作力だと、フリックシェイクを越す釣果を出すワームは、現状ではこの世に存在しないとも思っていますw

 

正直、釣れるカラーとかをここで言ってしまうとネット上で一気に在庫がなくなったりするのでシークレットにしたいんですが…ヒントだけ。
見た目的に「コーラっぽい色」をしているカラーが最もヤバいですね…。
…言うてしもうてるやないかい!

 

0289

 

コーラはショップにもあんまり置いてなかったりするんで、もしかしたら一番人気のカラーなのかも。
グリパン系とかは安定して釣果がありますね。でも僕はコーラ推しです。

 

 

セッティングについて

 

ジグヘッドワッキーのウエイトは、フィールドの水深やフォールスピード、演出したいアクションなどを考慮して設定するようにしています。

基本は以下のようになります。

 

◆水深1m以内のシャローは、0.9g〜1.4g。
◆水深1m以上は1.4g〜1.8g。
◆ピピッと動かして反射食いを狙うなら、1.8g。

 

この際、ワームのウエイトや比重も考えて組み合わせるようにしています。
また、スピーディに誘うなら1.8gを水深1m以内でも使ったりします。

 

基本的には1.4gですかね…。
野池だとか、マッディシャロー系のフィールドなら、とりあえず1.4gだけでも成立する気がする^q^;

 

ジグヘッドワッキーの基本的な操作やアプローチ、ウエイトの考え方などは、青木大介さんの「適材適所のルアーセレクト」を参考にしました。とても参考になるのでオススメ^w^

 

 

まとめマス

 

さて、ジグヘッドワッキーについて語ってみましたが、いかがでしたか?
真夏のタフコンの中でスレたバスを釣るのに最も適しているのが、フリックシェイクのジグヘッドワッキー。

 

ヤマセンコーのノーシンカーも鉄板で釣れるテクではあるのですが、サーチ能力ではジグヘッドワッキーの方が上。
僕の中でジグヘッドワッキーは、バスの状態を探れるパイロット的なリグでもあります。

今後もこのリグについて、あるいは更なる釣果を出せるようなテクを見つけていこうと思います^v^

 

 

_____

 

 

 

【フリックシェイク】

記事中でも紹介した、ジグヘッドワッキーで最強のワーム「フリックシェイク」。

フリックシェイクは比較的どこでも入手しやすいのですが、ショップだと欲しいカラーが置いてない場合が多々あるので、ネットの通販で入手するのが便利です。

 

アマゾンだと679円〜。

JACKALL(ジャッカル) ルアー フリックシェイク 4.8インチ コーラ

 

 

楽天だと690円〜。

 

ジャッカル フリックシェイク 4.8inch

楽天は店によっては送料もかかります。

 

ナチュラムも690円〜。

ナチュラムも送料がかかります。

 

なので、僕はアマゾンでの購入をおすすめします。


アマゾンで取り扱ってる商品がスタメンだと、買い直すのがとっても楽なのでオススメ。
僕はルアーを選ぶときは、できるだけアマゾンでも取り扱ってるルアーをメインにしたい派です。

 

 

 

 

【参考書籍】

 

青木大介「適材適所のルアーセレクト」

 

この本は、フィネスを学ぶならマジで参考になります。

この記事で書いてあることも含め、僕はこの本からはフィネスの基本的な考え方やアプローチを学びました。

個人的には、彼のような人間がこれからのバスフィッシングのアプローチを切り開いていくのではないか、と注目しているバスプロの一人です。

 

 

【関連記事】

「フィネスルアー時代の終焉。ハードプラグでスレバス戦国時代を切り開く」

 

「夏の野池。スレバスを一撃で釣るためにオススメするワーム」

 

「夏のスレバスをワッキーで釣るなら、このワームがオススメ」

 

「スレた夏バスを釣るならカバーフィッシング!テキサスリグのやり方と方法論について」

 



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

2 thoughts on “今後、定説パターンは通用しなくなる。夏のスレバスを釣るためにオススメのワーム”フリックシェイク”!”
  1. aopy 2017年8月16日 on 7:23 PM 返信

    昨日このHPを見て今朝、早速ワッキーを試してみました。琵琶湖まで歩いて10分ちょっと、いつも場所でクランク,バイブに反応なし。もう朝8時なので終わったかなと思い、久々にワームをセット、クリンクルカッツ(10年以上前にポパイで売ってたもの)をワッキーにしてキャスト。攻めのフィネスを…と思い底をとってしゃくりを入れると、30cmオーバーがヒット、同じアクションで今度は40cmオーバーが釣れ、人生初めてのワッキーでいい思いができました。ありがとうございました。

    • tama 2017年8月20日 on 1:47 PM 返信

      >aopyさん
      ご観覧ありがとうございます。
      この記事を読んでワッキーを試してくださった、ということですが、釣果が出て何よりです!私まで嬉しくなってしまいました!(笑)
      クリンクルカッツ、懐かしいですね〜私も持っていました。
      今後のaopyさんの釣果が増えるように、遠くから応援しております^v^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。