-まいんどくえすと-

Home / バス釣り / バス釣りの根がかり外しでアホみたいに流血した件。

バス釣りの根がかり外しでアホみたいに流血した件。

 

今ね、ちょっとギターも釣りもできない状態なんですよ。
まぁ結論から言ってしまうと、左手の甲を骨折しちゃったらしくて。

ギターを弾くのも痛いし、釣りもできない。
ネコを抱き上げるのも結構痛い感じです。

「なぜ急に骨折!?」って感じですが、その怪我に至ったお話をしたいと思います。
よろしければお付き合いください。

 

 

 

雨の中、釣りに。

今日、いつもの野池でバス釣りをしてきました。
この熱い中ですよ、灼熱地獄の中でバス釣りをしてきたわけですけれども。

日中にね、ちょっとしたが降ったんで「あ、これは魚が元気になって釣れるかもしれない!」っつってね、地元の池に行ってみたんですよ。
車で5分くらいのところにあるんですけど、まぁ平日の日中にバス釣りしてる奴なんて誰もいないw当然ですわなw

 

そんで、平日の日中、クッソ暑い7月の半ばに釣りするアホなんて僕くらいな中、「さぁ、やるぞ!」なんて意気込んで準備してたんですけど、雨がね、止んできちゃったの。

いや、まぁね?軽い通り雨みたいなもんだと予想はしてたので、そのことについては「まぁ別にいいや」なんて思ってたんですよ。
大したことじゃない。

この俺様にかかれば、7月の死ぬほど暑い日中でも魚なんて余裕で釣れますよ、と。
いやいやwこの前、河口湖で思いっきりボウズ(一匹も釣れないこと)かましてきたの誰だよって?ww僕ですww

 

 

 

水のしたたる、いいデブ。

それでね、雨が止んできて、そのまま日中ずーっとやるのはさすがに耐えられないんで、帰ろうかなーなんて思っちゃったわけです。
いや、だってね?
この殺人的な猛暑の中、デブがバス釣り頑張ってたら、その場に大量の汗がしたたり落ちて、「なんだ!?ここに見たことのない野池があるぞ!?」なんて勘違いする人が出てくるかもしれないじゃないですかww

いや誰がデブだよ!!www

 

で、帰ろうかなーなんて思ってたんですけど、なぜか「あっちの陰になってるところもやってみよう」なんて直感が働いたんです。
いつもは、その「あっちの陰(50mくらい遠くの場所にある)」ではあまり釣りはしないんですけど、なぜか急にやりたくなっちゃったの。

 

最初やってたところ(デブの汗で創り出された、もう1つの池がある所)から結構離れてるんですよね、そのポイントが。
ちょっとしたヤブ(雑草)が生い茂った中を頑張って頑張って、デブの野池の群衆を作りながら進んでいくわけです、その「あっちの陰」まで。

 

でね、何投かしてみると、わりと簡単に魚がヒットするんですよ。
たぶん魚が小さすぎるから針にはかからなかったんですけど、「やっぱ直感ってアテになるなー!!」なんて意気揚々と釣りを続けてたんです。

まぁ、そのポイントには過去に何度も来たことがあるんで、水深がどれくらいあるのかだとか、障害物にどんなものがあるのかーだとかは、大方は把握しているわけです。

 

んで、いつものよく知ってるポイントにシュッとルアーを投げるわけですよ。
100点の、自分でも花丸をあげちゃいたいくらいのキャスティングが決まって、よっしゃーなんて軽くテンションも上がっちゃったりして。

投げてからしばらくするとね、ラインがスーって出ていったんです。
「あ!これは魚がルアーに食いついたな!?」と、思いっきりアワセたんです。オラーーって感じで。

 

一応、魚はかかったんですけど、ちょっとした障害物の中に潜り込まれちゃって、まったく引きづりだせなくなっちゃったんですよ。

いわゆる「巻かれた」ってやつデス。

 

巻かれちゃうと、もう絶望的でね、ほぼほぼ魚をキャッチすることはできないんです。
魚が障害物にラインを絡ませちゃって、根がかりみたいなことになっちゃっうんで…。

「あーあ、結構いいサイズの魚だったのに…」っつって意気消沈…。

テキサスリグっていう仕掛けでやってたんですけど、それで魚を釣るのも最近の僕の目標でもあったんで、余計にね…。

それでですよ、本題はここからです。

 

 

 

コイツがぁぁぁ…コイツがやらかしたのだぁぁ…。。。

 

IMG_4392

 

 

 

戦場のメリー苦しみます的な流れ弾

根がかりを外そうとして、ラインをグイーーって全力で引っ張るんですけど、これがまぁーー切れない!
引けども引けども全然切れない!切れる様子が全くない!

そりゃそうですよ、だってめっちゃ太いライン(25lb)を使ってるんですから、そりゃ当然なんですけどね?
それでも中々切れないんです。

 

「あー、こりゃ水中にルアー残しちゃうかもなぁ」と軽く凹みながら、グイーーっと引っぱり続けてたんです。
そしたら、根がかりして全然外れなかったルアーが、急に外れたんです。

 

それでね、ルアーがグンッッッッ!!!!っつって、こちらに高速で飛んで来たんです!
もーーーもの凄い早さですよw完全に「戦場の流れ弾」くらいの速度はありましたよw

その飛んできたルアーが、僕の左手にドンッッッッッ!!!って思いっきり命中!

ガツン!!っていう音が本当に鳴るのねww骨に直撃するとww

 

submachine-gun-62902_640

 

 

で、ルアーが当たった手からは、もう凄い勢いでが流れ出始めちゃったんです。

「おいおいwwこれはマジでシャレにならないレベルで出血が激しいぞw」って具合です。
ちょっと生命の危機を感じちゃうレベルw

もう、僕の足下には「デブの汗が創り出した野池群」じゃなくて、流血が作りだした血だまりみたいなのができちゃってすげー焦りました。

 

 

看護師のあの軽いノリ、なんなの?

応急処置の道具とか全く持ってなかったんで、急いで地元の整形外科に飛んでいったんですけど、案の定、軽い骨折みたいな感じらしくて。
左手の甲の部分なので、ギターを弾けるのかが本当に心配で心配でね…。

 

で、不安がってる僕がね、「ギターは弾けるようになりますか?弾いても大丈夫なんですか?」的なことを恐る恐る聞く訳です、看護師さんに。

看護師のババァが言うには、「ギターくらいだったら平気でしょ〜」なんつって、ちょー他人事で言ってくるの
僕ね、いっつも思うんだけど、看護師さんって患者の気持ちをすげー軽いノリで扱ってくる気がしません?w

 

以前、僕が足を骨折してヒーヒー言ってたときも、「リハビリ大変よー頑張ってねー」なんつって、すげー軽いノリで接してくるのね。
たぶん、患者の気持ちを汲み取って答えすぎると深刻になりすぎちゃうから、っていう理由での「軽いノリ」なんでしょうけど、僕はずーっとそのことについては納得してませんww

 

いや、だってですよ?
例えば、こっちが右足がちぎれちゃって「うぎゃああああ!」って苦しがってるのに、「あー大変なことになっちゃったねー。まぁ、今は医療の技術が発達して凄い義足とか沢山あるから大丈夫だよー」なんてことを言っちゃうのと同じようなものじゃないですか?
まぁ怪我の度合いは違いますけどね?w

もうちょっとね、心に寄り添ってほしいわけですよ、ケガ人に対しては。

 

でね、その看護師のババァが何かすっげー気さくで、僕が来てたバンドTシャツにめちゃくちゃ反応してきたの。

「え、やっぱギターやってるの?だからキッスのTシャツなんて着てるのね〜〜^^どのメンバーが好きなの?」

「え?あ〜…エース・フレイリーですかね…」

 

Ace20Frehley01

 

 

いやいやwwこっちは今もずーっと手が痛いのwww
将来的にギターが普通に弾けるようにまで回復するか不安で仕方ないのwww

 

メンタル的に凹んでるときにロックの話なんて、ぶっちゃけできないっすよwそこまで精神力は強くないっすよww

 

まぁ、2日くらい様子を見ましょうっていうことになりました。
なんでも、傷口から雑菌が入ると血管が詰まってガチで死ぬこともあるらしんで、リアルにビビってますww

 

何となくですけど、「ちょっとお前、釣りにハマりすぎて人生の方向性を見失ってるで!ここらで生き方見直そうや!」なんて風に、神様が僕の人生の軌道修正でもしようとしてるんじゃないかなーなんてことも思っております。
過去にも怪我したりして人生を見直す時間が出来たんで、この怪我をキッカケに、また色々と人生の方向性を見直していくのもいいかなーーなんて思ってます。

 

 

 

 

 



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。