-まいんどくえすと-

Home / ギター / 初心者が本当に買うべきギターとは?失敗しない選び方について。

初心者が本当に買うべきギターとは?失敗しない選び方について。

img_0
(出典:これを聴かなければ死んでしまう
レスポールの名付け親こと、今は亡き「レス・ポール」。
実はジャズギタリスト。

ギター初心者の「何がオススメですか?」への回答

「どんなギターを買えばいいですか?」

好きなの買え!
以上。

…回答、短くね?
いや、だってマジでこれだけなんだもん。

…これだけではあまりにもクソ記事になってしまうので、今回はタイトルにもありました「ギター初心者におすすめのギター」に関して書いていこうと思います。

☆ギター初心者におすすめのギターとは

僕が過去にギターを教えていた方の中で、よく聞かれた質問が「何のギターがおすすめですか?」というものです。
僕はいつも決まってこう答えています。

「好きなギターを買ったほうがいいですよ。嫌いなギターで練習が続けられるはずないですから」

質問した方が求めている答えとしては「○○がおすすめかな。扱いやすいし、音にも癖がないし」といったようなものだと思います。
まぁ、しいて言うならギブソンのレスポールか、フェンダーのストラト辺りがいいんじゃないの?とは思いますが、好みがありますものね。

 

人の言いなりで選んでいいのか?

さきほどの質問を受けるたび、僕は毎回思います。

人の言いなりになって物を買って、それであなたは心から満足できるのだろうか?
そして、自分の意思で選んだのではないギターで練習して、あなたは心から楽しんでギターを弾くことができるのだろうか?

 

ギター選びに関してもね、ぶっちゃけ「正解」なんてないんですわ。
今はインターネットが普及して、誰でも簡単に「ある種の正解」みたいなものを手軽に求めています。

ネットで検索し、評価の多い口コミや商品を買えば、失敗せずにすむ。
出来る限りローリスクにギターを選んで、世間の流れの中で生きていく。

果たして、あなたはこれで満足なのか?
誰にでも受け入れてもらえるギターを選び、誰にでもウケる楽曲をコピーし、誰にも嫌われることのないように生きていく。
果たして、あなたはこれで満足できますか?

この世には何億もの人が存在しているというのに、あなただけの正解がインターネットごときにあるとは思えません。そして、あなたはそこまで小さい存在ではありませんし、無価値な人間でもありません。ましてや、ネットや他人なんかにあなたのことを決めつけることなどできませんし、あなただけの正解をアドバイスできるはずがありません。

要するに

「あなたに合ったギターは、あなただけが知っている」

ということです。

 

ネットの住人ごときが、あなたの好みを100%理解できるはずはないんですよ。
それは僕の記事に対しても一緒で、あなたの人物を完全に把握しているわけではないので、あくまで「僕の主観」でしかオススメできないんですよね。
たぶん、楽器屋の店員さんに聞いても、こんな感じで聞かれますよ。「どんな音楽が好きなんですか?」って。そこからあなたの好みの音を探していくしかないんです、こちらとしては。

ギターの代表的な2種類

「いやいや、そーゆうことじゃなくて。何も知らないから聞いてるんだっての。まずどんなギター買えばいいのか、とりあえずいくつか教えてよ」っていう方のために、僕がおすすめするギターをいくつかピックアップしておきます。

 

【レスポールタイプ】
ロック系の骨太サウンドが好きなら、間違いなく「レスポール」タイプ
ボディが肉厚なので、その分重圧なサウンドを奏でてくれるのがレスポールの魅力です。
ちなみに、僕はレスポールが一番好きです。見た目的にもアートを感じますしね。

【ストラトキャスタータイプ】
オールマイティに、ロックだけではなくポップスからジャズまで対応できるのが「ストラト」タイプ。
フェンダー社のストラトキャスターとかは有名ですね。ファンクのカッティングなんかにもおすすめです。ストラトでカッコいいカッティングをキメるとイカすんだよな〜!
ちなみに、僕の初ギターは安いストラトタイプでした。元々レスポールに憧れていたので、すぐに買い替えてしまいましたが…。

 

まぁ、まずはこの2本のどっちかでいいんじゃないかな?といった感じです。
僕個人としてはレスポールを断然オススメしますが、好みもありますしね。
もうね、マジで「好み」なんですよ。あとは直感とか(笑)

あとは、実際にお店で試奏してみる。
ネックの握り心地とか、持ったときのフィーリング、重量や色とかで決めていく。
あと、自分の使う予定のアンプで試奏させてもらう。

遠慮はいりません。開き直ってギターを試奏しましょう。
「初心者ですけど何か?コードとかわかりませんが、何か問題でも?」的な顔しながら、適当にギャーン!と弾いていけばいいんですよ。それで全く問題ありません。
可能であれば僕がついて行ってアドバイスしてあげていんですけどね、身体は1つしかないんで…ドラえも〜ん!(笑)

僕個人のアドバイスをお伝えするならば、「一番失敗が少ないのは、好きなギタリストが使っているギターを使う」っていうことになります。好きなギタリストって、やっぱり見た目とかもそうですが、音の好みが近いっていうのもあると思いますから。

いかがでしたでしょうか。
ギター選びは「好み」でいいと思います。
もし、あなたが「とりあえず何でもいい」っていうタイプなのであれば、レスポールかストラトをおすすめします。

レスポールタイプとストラトタイプをピックアップしてみました。
形はこんな感じです。参考にしてみてください。

Maison レスポールタイプ
価格:22600円(税込、送料別)

 

ストラトタイプ SELDER ST-16
価格:11200円(税込、送料無料)

 



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。