-まいんどくえすと-

Home / 自己探求 / 幸せな人生を歩むために、心の声に耳を澄ませる。

幸せな人生を歩むために、心の声に耳を澄ませる。

baby-17342_640

 

「心・魂の声と、汚れた固定観念の声を聞き分けるためには?基礎知識編」

メンタル弱い人は観覧注意!

※脳の認識が大きく変わってしまうかも!※

 

今回のテーマは「エゴ(自意識)」と「魂の声」の見分け方についてです。

めっちゃスピリチュアル系!苦手な人はごめんなちゃい!
「これって、本当に私に必要なことなのかな?うーん、わかんない…」みたいに判断を迫られているとき、必ず役立つメソッドについて書いていきます。

僕自身、この間発見した方法なのですが、とても効果があったのでご紹介しますね。
まず見分け方に入る前に、エゴについて簡単にお話させていただきます。

 

あなたは、誰?

あなたは何か物事を判断するときに、一体何を基準にして決めますか?

「人として、この選択・発言はないよな〜」
「これやっちゃうと、嫌われたり批判されちゃうからなぁ…」
「これやりたいけど、今はこんなことやってる暇も時間もないからな…」
「これ食べたいけど、太っちゃうからなぁ…我慢しなきゃ!」

などなど、僕たち人間は常にある種の「選択」を、無意識にのうちに行っています。
では、このような行動を実際に決定しているのは、一体”誰”なのでしょうか?

それは「エゴ(自意識)」です。

エゴ(自意識)は、単なる固定観念

僕たち人間はこの世に赤ん坊として生まれてから、実に様々なことを経験しながら成長していきます。

両親から「男の子(女の子)なんだから、しっかりしなさい!」だとか、「お兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだから、我慢しなさい!」といったように、両親から”教育”を受けて育っていきます。

もとい、

「”教育”という名のついた、固定観念の植え付け」

を、あなたの脳みそに吸収させることが、親が子どもに行う最初の教育です。
そのような固定観念のことを、僕たちはよく「一般常識」と口にしています。

 

「お前ってホントかっこいいよなー」
「あなたって可愛いわね!」
「お前はブサイクなんだから、○○なんかできっこないよw」
「男は仕事に生きるべきなんだ。嫌なことを我慢して生きなきゃならない」
「好きなことで食っていけるはずがないじゃないか」
「夢なんて叶いっこないんだよ。現実的に生きるべきだ」
「将来は就職してお金を稼いで、結婚して子どもを作り、一軒家を建てて、定年退職してから好きなことをやる」

 

このような言葉を、僕たちは幼い頃から親や友人、テレビなどのメディアを通して学んでいきます。
あたかも、それが真実であるかのように。

 

このように、僕たちは、親がよかれと思って口にしてきたことを鵜呑みにしてしまい、人格に大きな影響を受けて育ちました。
このような「固定観念」こそが、「エゴ(自意識)」なのです。

「自分」と認識している”あなた”は、一体だれ?

さて、ここで質問です。
あなたは、自分が一体だれなのか説明することができますか?

「何を当たり前のことをw私は○○っていう名前で、○○な性格をしていて…」と、あなたはつらつらと自分のことについて口にできるでしょう。

しかし、その回答は真実ではありません。
一体なぜでしょうか?

それは、「あなたが”自分”として認識しているのは、ただの”情報”でしかない」からです。
あなたが”自分”と認識しているのは、「情報の蓄積の結果」なのです。

 

先ほど、固定観念がどのように植え付けられていくことを書きました。
では、その「固定観念や一般常識」というのは、どこからやってきたのでしょうか?

勘のいい方ならもうおわかりでしょう。
そうです、「親からの情報」です。

あなたが「常識」と認識している出来事のほとんどは、親や友人などの外的な要因がキッカケで学んだ”情報”でしかないのです。

プラシーボ効果

「プラシーボ効果」という言葉を聞いたことがありませんか?
プラシーボ効果とは簡単に言うと、「思い込み」です。

 

例えば、「この薬を飲むと風邪が治りますよ」と医者から処方された薬を飲むとします。
実際にはただのラムネなのですが、「この薬を飲めばマジで治る」と思い込むことで、本当に体調が回復しちゃうんです。
このことを”プラシーボ効果”と言います。思い込みですね。

 

「ぷぷぷーwwプラシーボ効果なんて都市伝説でしょw」と、あなたはバカにしたくなるかもしれません。

では、また質問です。

もし、あなたの生まれた家の”名”が、今の名前と違っていたとしたら、あなたは自分の名前を今のまま名乗りますか?
今現在のあなたが「鈴木」という名だとしても、「佐藤」という家庭で生まれたら、あなたは「私は佐藤です」と名乗るはずです。

「お前は本当に良い子だね、優しいね」と周囲から言われ続けていると、あなたはその言葉が本当の自分の性格であると無意識に刷り込まれてしまい、「僕って優しい人間なんだ」と、信じ込んでしまいます。
あなたは「我が家は鈴木家なんだぞ」と教われば、あなたは鈴木さんになってしまうのです。

すっごい当たり前のことを言っていますが、これが「固定観念」の根っこの部分です。

実験を例に…

プラシーボ効果について、海外で行われた研究に面白いものがあります。
ちょっとうろ覚えで申し訳ないのですが、映画「スーパーマン」を見た観客に対して行った実験があります

「映画を見終わった人は、目の前で転んだ人を助けるのか」というものだったのですが、なんと見終わった人の8〜9割の人達は、転んだ人に手を差し伸べたというのです。
「困った人は助けるべきだ」という観念が、映画を見たことによって脳に刷り込まれたのです。

このように、プラシーボ効果は僕たち人間にかなり影響があるんです。

 

まだ信じられない人は、「私って本当にダメな人間だ」という言葉をボイスレコーダーに録音して、寝起きと寝る前に毎日欠かさず聴き続けてみてください。
確実に精神が落ち込んでいきますから。

アファメーションが効くと言われているのは、この「プラシーボ効果」があるからです。

 

 

さて、今回の記事では「エゴ(自意識)」というものについて説明しました。
次回は、「心の声、魂の声」とはどんなものなのか見て行きます。

魂の声がわからないと、エゴの声との聞き分けができなくなってしまいます。
魂の声についてはずっと僕自身もずっと研究中ですので、ほぼ私感で話していくことになりますが、どうぞお付き合いください。

:参考文献:



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。