-まいんどくえすと-

Home / カフェ / 絶景で心を癒す。湘南・鎌倉、逗子でおすすめのカフェ。

絶景で心を癒す。湘南・鎌倉、逗子でおすすめのカフェ。

IMG_3966

なぎざ橋珈琲

僕がブログを書くときに多用するのが喫茶店。
その中でも、自然を感じることができる環境にある喫茶店が好きです。

自然に触れることができ、騒音もそれほどなく、一人の空間を楽しむことができる。
この要素を満たしてくれるカフェこそ、今回紹介する「なぎさ橋珈琲」なのです。

ということで、今回は僕の地元である神奈川県逗子市にある「なぎさ橋珈琲」の魅力をお伝えします。

IMG_3970
(出典:食べログ

なんといっても、海が目の前!

「逗子」というと、多くの方は「海がある」という印象を抱いているでしょう。

その通り、この「なぎさ橋珈琲」は逗子海岸に面している場所にあり、このような風景を思いっきり感じながら食事をとることができます。

IMG_3967

僕は野外席が好きで、潮風を感じながら気持ちよくブログの記事を書いたりしています。
本を読むのにも抜群の環境です。

 

また、夜に来ると、昼間とは違った風景を見ることができます。
…いや、まぁ海自体は真っ暗で何も見えないんですけどねw

海岸線に建ち並ぶお店が発するライトが、良〜い感じでムードを作ってくれるんですよねー。
夜に来る人はほとんどいないので、実は19時以降がこのお店のオススメタイムです。

恋人とのデートで来店するのであれば、昼間よりも夜が間違いなくおすすめ。
静かで穏やかな波の音と、他のお客さんの食器が擦れる音、潮風の音と街灯の明かりが、デートに最適な雰囲気を演出してくれます。

あ、僕がいるときに来ると「カタカタカタカタkたかたかtかたkたk…」っていうパソコンの入力音がうるさいので、来ないほうがいいですw

 

もし「逗子海岸沿いにある喫茶店で彼女にプロポーズするとしたら、どの店がいいですか?」と聞かれたら、僕は間違いなくココを推します。

 

店員の接客態度が良い

僕は接客業をしていたことがあるんで、店員の接客態度にはかなりうるさいです。
そんな僕でも、このお店の店員の接客態度には花丸をあげちゃいたいくらいです。
パートやアルバイトの主婦と思われる店員さんの態度は、マジで感泣するレベル。

しかし、夕方以降になると学生の店員さんばかりになるので、接客態度はKUSOですね。
「あーかったりーなー」っていう気持ちが、態度に出てしまっています。

外野席の環境が素晴らしいだけに、この点は非常に残念!

 

駐車場の割引がある。駐輪場がある

逗子海岸は海水浴場となっているので、シーズンになるとこのお店の駐車場を使う人たちに溢れます。
駐車場は、渚橋コーヒーで食事をした人のみ3時間無料となっています。

これ、チョーお得!3時間も喫茶店にこもる人って、ほとんどいなくない?
ちょっとした息抜きとか、読書や待ち合わせなんかにも、このシステムを使えば超便利。

僕は基本はバイクで行きますが、車で行くときもあるんで、かなり助かってます。(駐輪場もあります)
駐車料金3時間無料っていうのは、かなりデカい魅力ですな。

ですが、飲食しない人たちもこの駐車場を利用するので、昼食や夕食時などのゴールデンタイムになると、めちゃくちゃ混雑します。
土日や祝日になると、ほぼ確実に駐車できませんので注意!

地味にコーヒーが美味い

僕、実はそんなにコーヒー通でもないんですよね、喫茶店好きなのにw
そんなガチ素人でも、この店のコーヒーは美味いと感じますね。

中でも「ウィンナーコーヒー(アイス)」が大好き。
ふわっふわのクリームが、冷えっひえのコップに入ったコーヒーの上にこんもり乗ってます。

謎の集中力を発揮できる

何度も言ってますが、渚橋コーヒーの真髄は野外席です。
そこに座って文章を書くと、なぜか集中できるんです。謎。
他のお客さんと適度な距離があるからかも。

でも、夏場の週末とかは店も海も激混みになるんで、行かないほうがいいです。
水上スキーの音とか、アホな若者の奇声があるんで「まったり一息」などできません。

 

渚橋コーヒーの魅力を堪能するのであれば

・平日を選ぶ。

・夜を狙う。

・平日の野外席、夜の野外席を選ぶ。

 

これらに気をつければ、この店の魅力を思う存分に堪能できますよ。

 

もしあなたが湘南・鎌倉・逗子地方で「風景のいいカフェ(喫茶店)」を探しているのなら、ぜひ「渚橋コーヒー」に行ってみてください。

きっと満足できます。

 

可愛い店員さんにがいるカフェなら、ココがおすすめ。



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。