-まいんどくえすと-

Home / ギター / エレキ・アコギ初心者が、効率よく曲をコピーする方法とは?

エレキ・アコギ初心者が、効率よく曲をコピーする方法とは?

Dimebag-Darrell
(出典:音楽武装
ダイムバッグ・ダレル

先日、YouTubeに「弾いてみた」動画をアップしました
日本でも大人気のバンド「ONE OK ROCK」の曲をカバーさせて頂きました。原曲にはありませんが、ギターソロも弾いてみました。
このサイトにも、動画を見てくださった方のアクセスがあるようなので、嬉しい限りです。
今後も「弾いてみた」動画同様、オリジナル曲やギターフレーズ等をアップして行きますので、よろしくお願いします。

ギタリストの壁

さて、今日は「ギタリスト初期の段階での壁」について書いていこうと思います。

ギターを練習している初心者さんには、何度か「壁」のようなものにぶち当たるときがあります。
それは、ギターのコードチェンジの方法であったり、ギターソロの練習のやり方だったり、または全く異性からモテなかったり…などなど、様々な「壁」を感じる瞬間があると思います。
僕も同じように、過去には何度も見えない壁のようなものに行き詰まり、スランプみたいなものにぶち当たったこともありました。

個人々々にとっての「壁」は様々ですが、ギターのテクニックに関しての悩みであれば、ほとんどの場合は応急処置が可能です。
テクニックに関してのスランプの乗り越え方は、やはり千差万別ではあります。が、要点だけを説明してくれる「指導者」が周りにいてくれると、やはり一番上達が早いです。
僕の場合は、音楽学校に通う前までは誰にも教わらず、完全に独学でやっていました。ですから、今思えば効率の悪い練習をしていた…というわけでもありません(笑)

元々、僕自身の性格の要素として「無駄が大嫌い」というものがありまして…。
ですから、楽曲のコピーをする際にも、「どうしたら、効率よく練習できるのか?どうやったら、無駄なくソロを練習できるのか?」ということを、ほぼ無意識の中で行っていたと思います。だから、学生時代にも周囲より頭一つ抜けたギタープレイができていたんだろうなぁ…なんちゃって。

コピーする際の要点

さてさて、僕がコピー曲を練習する際には、以下の要点に注意しながら練習しています。

・大まかなコード進行の把握
・ギターソロの音使い

あれ!?2点だけだ!

曲をコピーする際、「このコード進行は○○的進行だな。このソロは○○のスケールを使っているな」とか、そのような難しいことは100%考えません。僕の場合は。さすがに曲のキーとかは考慮してますけど。

僕たち、ロックギタリストには「耳」という最強の武器があります。
楽曲のコピーなら、耳だけで十分可能なんです。
あと「暗記力」ね。これもめちゃくちゃ大事。

まぁ、ジャズやフュージョンのような難解な作品でアドリブを決めなくちゃいけないときには、理論とかが必要なのでしょうけど。ジャズとかは聞くのは大好きですが、プレイすることには全く興味ありませんので…というか弾けませ〜ん。

コピーなんて誰にでもできる

正直、曲をコピーするだけなら、誰でも弾けます。
この世に溢れている曲で、弾けない曲などありません。例えそれがギター初心者であってもです。
どれだけ難解な曲であろうと、「時間」をかければ100%弾けるようになります。

イングヴェイの速弾きであろうが、アルディメオラの高速フレーズであろうが、パットメセニーのジャズフレーズであろうが、何でもです。100%弾けるようになります。時間をかければね。

何度も言っていますが「時間をかければ」弾けない曲はありません。
ただ、ほとんどの方が「弾けるようになるまでに挫折する」という場合が多いんです
そういうときに、親切に指導してくれる方が周りにいればいいんですが、なかなかそのような環境に行くのも難しいですものね。ギター教室とかはレッスン代もかかるし。
かといって、周りに上手い人なんかあんまりいないし。困っちゃいますね(笑)

コピーするには「暗記」から。

先日、YouTubeにアップしたワンオクロックの曲の場合は「コード進行をコピー」って感じで、1〜2回ほど聞けばすんなりと弾けちゃいました。
というよりも、あの手のロック系バンドの場合、コード進行を繰り返していたりすることが多く、難しいソロもないので、慣れた人であれば瞬時にコピーできてしまうと思います。「ふむふむ、こんな感じね。じゃあ暗記するべや」っていう作業だけです。とにかく暗記!

僕は理論を理解しているのではなく、「記憶と耳」でプレイしています。
膨大な数の楽曲を今までコピーしてきたので、コード進行のテンプレ(典型的なもの)などが、何となく感覚でわかります。「あ、次のコードはアレになりそうだ」なんて風に、感覚で。

では、今回の記事のまとめに入ります。

曲をコピーするために効率的な方法としては

1:大まかなコード進行を「暗記」する

2:ギターフレーズを「暗記」する

これだけです。

いやいや、ホントにコレだけなんですよ。
これをいかに効率よく、心折れずにやっていくかってことなんです、コピーをするというのは

コピーはね、とにかく「暗記」です。
ぶっちゃけ、最初は弾くことなんか無視しちゃってもいいくらいです。最初から「うまく弾こう」なんて思っていると、間違いなく挫折します。練習するためにコピーをするんですから。

最初なんてね、弾けなくていいんですよ。少しずつ暗記していって、まったり弾いてりゃいいんですわ。
そんで、「あ〜楽器弾いてる俺ってイカしてるわ〜」とか、「キャ〜☆これで○○君に注目してもらえるカモっ♪」ってな感じに、自分に酔っていけばいいんです。
そうやって、自分を大切にしながら続けていくと、自尊心を損なわずに練習できます。何よりも楽しいじゃないですか(笑)。

それと、巷でよく言われている「頭から順番に弾けるように練習していこう」なんていう練習方法はクソですね。僕からしたらですけど。
まずは、「めちゃくちゃスローな速度で弾いて、暗記をしていく」ということが本当に重要です。
コピーはね、何度も言うようですが「暗記力」です。

最初は全く弾けなくてもいいんです。というか弾こうとしなくていいです。
とにかく、ギターを弾きながら、ゆっくりのテンポで「暗記」していくんです。
そして、少しずつ形になってきたら、そこで始めてメトロノームとか音源に合わせて弾いていくのです。

まぁ、メトロノームに合わせてコピーする曲を弾くなんてのはクソつまらないので、僕はしていませんでした。
全く弾けなかろうが、モタつこうが、グダグダにしか弾けなかろうが、「暗記したら、即効で音源に合わせて練習する」って感じでやってました。

だって、機械的な練習なんてクソつまらないじゃないですか。それを楽しめる性格であれば、それはそれでいいんでしょうけど。
僕の場合は「超飽き性」なんで、暗記したらすぐに音源に合わせて「無理やり」弾いてました。
こうすることで、楽しみながら、モチベーションを保ちつつ練習できていました。
(もちろん、基礎練習はしっかりとメトロノームで練習しています。それをやっておかないと、レコーディングの時とか全く弾けないので)

もし、あの時代にインターネットが普及してて、某掲示板の口コミとかにある「ゆっくりの速度で練習してから〜」とか「いきなり音源に合わせないで〜」なんていう戯れ言を信用していたら、僕は上達はしていなかったと思います。
だって、練習方法なんて、ぶっちゃけ人それぞれなんですから。

僕がここで紹介している方法が、誰にでも合うわけはないんです。僕が紹介しているテクニックというのは「あくまで一例」でしかないんです。

自分に合った練習方法を探せ!

あなたにあった練習方法は

「自分で考える」
「誰かに指導してもらう」
「誰かの真似をする」

ぐらいしか見つける方法がないんです。

なので、慣れないうちは「このやり方が正解!」とか型にハマった考え方をするのではなく、「へ〜こんなやり方もあるんだな〜」くらいの構え方をしておいたほうがいいと思います。

テクニックのメソッドなんて、もう今の世の中には腐るほどあるじゃないですか。インターネットで「ギター 弾き方」なんてキーワードを入力したら、膨大な数のサイトが見つかりますもんね。
ですが、その星の数ほどもあるサイトで紹介されているテクニックが、必ずしもあなたに合うわけではないんです。
初心者の方ほど、「自分の性格に合った練習方法」というものがわからないんです。当たり前ですよね、だってわかんないんだもん。

ですから、あなたがギター初心者で、演奏方法で悩んでいるなら、とにかく試行錯誤しながら、実践していくべきです。

とにかく学んで、知識つけて、あとは実践。
そんで、それが自分の性分に合わなかったら、バッサリと捨てる。
そしてまた模索。
これだけです。

僕は独学でコピーを練習していってギターを弾けるようになりました。ですが、僕は世間様の推奨するギターの練習方法は当時は試していませんでした。
あれ?何で僕は世間一般の練習方法を実践していないのに、ギターが弾けるの?
なんで昔はネットなんかなかったのに、偉大なギタリストが沢山いたの?

…ね?
ネットの情報力とか一般論の力とか常識なんて、所詮そんなもんなんですよ。

ギターが上手くなりたいなら、自分に合った練習方法を見つけるのがベストです。
まずは、自分にあった練習方法と、自分の性格とか考え方も考慮しながら、練習のカリキュラムを作っていきましょう。



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。