-まいんどくえすと-

Home / バイク / 何台もハーレーダビッドソンを乗り継いできて、学んだこと。ハーレー嫌いになった過去と、復帰。

何台もハーレーダビッドソンを乗り継いできて、学んだこと。ハーレー嫌いになった過去と、復帰。

03′ XLH883にダイナSを取り付けて、三拍子のアイドリングが楽しめるようになった。

ちょい旧車感のあるスポーツスターだが、エンジンは好調だし大きなトラブルもなく、快適なハーレーライフを送っている。

最近はあまりのハーレーサウンドの愛おしさに、ついつい動画まで作成する始末だが、日に日にエボスポへの愛が高まっているように思う(笑)

今では楽しいバイクライフを満喫できるようになったが、エボスポのハーレーにたどり着くまでには本当に苦労した。

金銭面でも肉体面でもそうだけど、今までまぁまぁ色々なハーレーに乗ってきた。多くの汗と涙、それにお金を落としてきた。

いきなり最初のハーレーにフォアードコントロールの車両を選んで、腰痛と乗車姿勢に苦しむ日々ばかりだったワイドグライド。

軽快感やサウンドは良いものの、乗り味の退屈さや地味に重い車体と、これまたジワジワと腰痛を攻めてくるポジションだったXL883R。

見栄と所有感、ビッグツインの迫力、古くからの憧れだったローライダーは、走れば走るほど精神的に辛くなっていった。

大排気量は高速道路を頻繁に使うスタイルの人じゃないと合わないと学んだし、ビッグツインは僕のバイクライフには合わないことを、2台目のビッグツイン車両に乗ってからようやく学んだ。

そのローライダーを手放してからは、数年ほどホンダのグロムに乗っていた。

が、

「家にはハーレーが置いてあってほしい」

「自分の理想や、在りたいライフスタイルにはハーレーが欠かせない存在である」

「小型バイクだけではなく、中型~大型の本格的なバイクは、家にあってほしい」

こういった理由があり、過去に散々懲りたハーレーダビッドソンにまた乗りたくなった。

しかし、新型のハーレーはインジェクションで乗り味が好みではないことは学んだ。それに、ビッグツインは自分の肉体と精神を滅ぼすくらい力を持て余してしまう、ということも知っている。

では、どのハーレーにするか?

色々と悩んでいたときに、バイクのスタッフさんに勧められたのがキャブのエボスポだった。

最初はキャブ車、それにちょい旧車なんて僕の技術と知識では維持できないと思っていた。が、スタッフの話を聞いたり、実際に中古で買って何万キロも乗りまくっているライダーに話を聞いたりきて、どんどん興味が湧いてきた。

・インジェクションとは鼓動感がまるで違う。

・排気音の質が、新型と何か違う。

・チョークとか回転数とか気にしたりして、俺ってバイカー♪気分が味わえて楽しそう。

・バイクの知識がつきそう。

・車両価格がかなり安い。

・工夫すればカスタム等の工賃は安く抑えられる。

・エボスポは壊れにくい。

・エボスポは構造がシンプルだから、カスタムがめちゃくちゃ楽。

こういった理由も後押しし、現在乗っている XLH883に乗ろうと決意した。かなり博打。

だってハーレーには何度も苦労させられてきたし、もう二度と乗りたくない!ってレベルまで嫌になったりもしたことがあるから。

でも最後に鼓動感が最高に楽しいハーレーに乗ってみたかった。

何よりも、一番の購入の決め手はスタッフさんの「みなさん、中古車や旧車に乗ってらっしゃる方は、故障とかのリスクを背負った上でオーナーになってるんです」の言葉だった。

物を選ぶときはついついデメリットの方に目が行きがちになったり、故障等のトラブルが起きたら…という不安な面に意識がいってしまう。

そういうリスクを背負わなければ、新しい経験、新しい体験や物を手に入れる事なんて出来ないんだよなぁ…と感じたので、購入する決意が固まった。

そして、今では夢見たハーレーライフというか、憧れの三拍子とか聴けるようになったし、自分のライフスタイルにハマってる XLH883を楽しめる日々を手に入れることができた。

中古車とか、古めの車両を買うのは覚悟いるし、やったことないこととか、経験したことないことにチャレンジするのって相当な決意(とお金)が必要だと思う。

けど、恐怖心やコストにビビってたら、今の生活は何も変わらないし、新しい経験や学びを得ることもできない。

満足いく結果を得るためには、犠牲やリスクは必要不可欠であるということを、ハーレーライフから学ぶことができた。

これからも多くのことを学ばさせてくれるであろうエボスポだが、今後も自分なりに付き合っていこうと思っている。



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。