-まいんどくえすと-

Home / 心と身体 / 人生の幸福度を決めているのは、自分自身/物欲について

人生の幸福度を決めているのは、自分自身/物欲について

物事は常にフラットであり、ニュートラル。

極論を言ってしまえば、幸せなど存在しないのではないか。それと同時に不幸も存在しない。

重要なのは、自分が世の中を「どう見てるか」だと思った。

物事を評価したり、解釈するのは自分自身。物事のマイナス面だけ見ようとすれば、もちろんネガティブな面だけ見るようになり、悲観的になってゆく。

逆に、物事の肯定的な側面、ポジティブな面を見ようとすると、良い面が浮かび上がってくる。

要するに、人生の幸福度は、自分が物事をどう解釈して評価しているかで全然変わってくる。

ーーーーーーー

物欲について

本当に欲しいものなら、どんな手段を使ってでも手に入れようとする。

しかし、深層心理で「別にいらないんだよなぁ。欲を満たしたいだけの手段なんだよなぁ」と思ってるものに対しては、購入するのを躊躇する。あるいは諦める。



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。