-まいんどくえすと-

Home / バス釣り / 総まとめ!バス釣りで冬にオススメのルアー。人気のものからマニアックなものまで。

総まとめ!バス釣りで冬にオススメのルアー。人気のものからマニアックなものまで。

 

この記事では、12月〜2月下旬くらいまでの「冬」の時期にオススメなルアーを紹介していきます( ^ω^ )

冬は「ゆっくり、スロー、反射」をメインにして釣りをしていく時期。そんなアプローチで活躍するルアー達を紹介していきます!٩( ‘ω’ )و

 

 

 

 

シャッド

 

ジャッカル ソウルシャッド

「上手い釣り人のボックスには大体入っている」と噂されるくらい、定番のシャッド。ちょいと値段が高いのがネックですが、実力は折り紙付き。多くのプロから太鼓判を押されている実力者。

青木大介がメインに使用しているシャッド。彼のボックスにはソウルシャッドが山盛りに入っているが、カッコつけて真似しようするが金かかりすぎて真似できないことに気づき断念/(^o^)\

 

 

 

 

 

デュオ レアリスシャッド

「安い、入手しやすい、釣れる」で一般アングラーから人気のレアリスシャッド。生産がデュオだからこそのコスパのよさと、上品質な物作り具合がステキなシャッドです。「霞ヶ浦ではみなさん大体コレ使ってますよ」とは、潮来にある某釣具店の店員さんのお話。

安いし釣れるからいっぱい買っちゃう。潮来グリーンは人気カラー。

 

 

 

 

 

エバーグリーン バンクシャッド

猿番長こと関和学さんが開発したオカッパリ用シャッド。潜りすぎず、浅すぎない絶妙なレンジコントロールが可能となっている、オカッパリでめちゃくちゃ使いやすい&かっ飛ぶシャッドです。フェイスが可愛い( ^ω^ )

 

 

 

 

 

 

ミノー(ジャークベイト)

 

ボーマー ロングA 14A

昔から今までロングセラーの名作ジャークベイト。値段がお安いのが最高。サスペンドチューンで板オモリをお腹に貼ればかっ飛ぶ仕様になるので、オカッパリにも使いやすい。

 

 

 

 

スミスウィック ラトリンログ

こちらもロングセラーのジャークベイト。未だに愛用するプロアングラーは多い。ロングAが横方向にアピールするアクションなのに対し、ログはロールしながら下方向に波動を作る。そのため、冬に水深のあるエリアからでも魚を引っ張ることが可能。

こちらもフローティングモデルに板オモリを貼れば”かっ飛びチューン”が可能になります^v^/

 

 

 

こちらはサスペンドモデル。

 

 

 

 

 

デュオ レアリスジャークベイト

村田基が愛用するジャークベイト。「飛ばないルアーは好きじゃない」と本人が言う通り、かっ飛び系のミノー。

とてもキャスティングしやすい。ジャークはアピールしすぎず、弱すぎない絶妙な加減で、ジャーキングしていて楽しい。安い、飛ぶ、楽しい。カラー選びに迷ったら青銀。

 

 

 

 

 

メガバス ワンテン

アメリカのバスアングラーからも好評な、メガバスのワンテン。重量があるので投げやすい。投げるときに重心移動システムが作動する際の「カシャン!」という音がめっちゃ心地よいルアー。ジャークアクションは見た目よりは弱い感じ。クリアレイクでもマッディでも活躍できるミノー。

 

 

 

 

 

メガバス X-80 トリックダーター

ワンテンよりも小さいが、ジャークアクションはめちゃくちゃ派手。水を切るようにダートしまくるので、マッディよりもクリア系のフィールドで活躍する。とにかくジャークアクションが芸術的に美しい。今まで使ったジャークベイトの中で、1番美しくジャークする。それを目撃するだけでも買う価値のあるルアー。最早、芸術品。

 

 

 

 

 

 

 

メタルバイブ

 

エバーグリーン リトルマックス

関和学さんがカスミの冬のオカッパリで愛用しているメタルバイブ。ちょいと昔は「冬といえばリトマ」と言われるくらい、冬の定番ルアーとしてその座に君臨していた。最近は他のメーカーからもメタルバイブがリリースされまくってるので、少し存在が薄くなりつつある印象。

 

 

 

 

レイドジャパン レベルバイブ ブースト

レイドジャパン代表、金森氏いわく「メタル素材に釣り勝てるルアー」とのこと。その内訳としては「メタル系のバイブレーションは波動が強すぎる場合が多いが、ブーストは弱めに設定されているため、メタル系バイブより口を使わせやすい。メタルはその波動の強さから、タイミングが合えば釣れる。博打系。ブーストはタイミングが合ってなくても、そこに魚がいれば食わせられる」

若干高めだが、レイドのルアーはデザインが本当に綺麗。

 

 

 

 

 

デプス サーキットバイブ

以前、取材でキムケンが冬の亀山で爆釣したルアー。キムケンはダブルフックを更に前後1本追加してチューニングしていました。一般人には根がかり頻発しちゃうから無理w

とても使いやすいルアー。アクションは大きすぎず、小さすぎず。オーバーライドよりタイトな雰囲気。入手しやすさもグッド。カラーリングが全体的に綺麗。

 

 

 

 

 

O.S.P. オーバーライド

世界のT.NAMIKIのメーカー、O.S.P.からリリースされているメタル。比較的安価で入手もしやすい。地味系のカラーもしっかり設定されているので、カラー選択が楽しい。動きは結構強め。フォルムが可愛い。

 

 

 

 

 

 

フィネス系

 

レッグワーム

真冬の鉄板フィネス、レッグワームのダウンショットリグ、レッグワームリグに使用されるワーム。

千葉県の房総リザーバーではみんな高頻度でこの組み合わせで冬のバス釣りを楽しんでいる。冬はブラックがオススメらしいが、みんな狙っているため多くの店では売り切れている場合が多い。サイズに似合わず波動は強めなので、しっかりシェイクしてバスを引き付けたい。

 

 

 

 

 

ドライブクロー2インチ

このワームにちょっと重めのシンカーをつけたダウンショットでシャクって食わせる。これがプリンス・川村光大郎氏の冬の定番テク。霞ヶ浦の牛堀というテトラエリアでは、このリグで冬バスを狙っている人をたくさん見かける。

 

 

 

 

 

瞬テキ(ライトテキサス+ファットウィップ系3インチ)

レイドジャパンがスポンサーのバスプロ、江口俊介が広めたテクニック「瞬テキ」のベースとなっているルアー。瞬テキとは、ペグ止めしないライトテキサスでトゥイッチやジャークを加えて、イレギュラーアクションを狙うメソッドで、特に冬に向いているテクニックと言われる。

ファットヤマセンコー3インチでも代用できるが、ファットウィップ3のほうが針持ちが良い。好みでお好きな方を選んでいいと思います。

 

 

 

ファットヤマセンコー3インチ

 

 

 

 

 



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。