-まいんどくえすと-

Home / 心と身体 / 「人の目が気になる」は直さなくていい。それ、優しい証拠です。

「人の目が気になる」は直さなくていい。それ、優しい証拠です。

 

「人の目が気になる」からダメだ、ではなく、むしろ逆です。
人の目を察する心がある人は、他人の気持ちを理解しようとすることができる、優しい心の持ち主なんです。

 

多くの人たちが「人の目を気にして消極的になる」という気持ちを否定していますが、その心は決して”悪”ではありません。

「強気ではない自分はダメな人間だ」なんて風に、自分を卑下する必要など一切ないのです。
むしろ強気・強情すぎる人で、他人の気持ちなど全く意識しないで、自己中心的な振る舞いを続けている人の方が「ちょっと…」という感じですらあります。

 

他人の迷惑になるようなことを平気な顔して行ってしまうような人は、他人の気持ちを想像する能力が欠如しているのです。
そういう人たちに比べたら、「他人の気持ちばかり優先してしまう」というあなたの方が、人としては格上だと僕は思います。

優しい心の持ち主であるあなたが、本当の自分の気持ちを押し殺して、傲慢な人間のようになろうと無理して頑張らなくていいんですね。

 

 

 

 

ネット上には、「気弱だと悪!人の目線を気にするのはダメな人間のすることだ!」というようなことが誇張して書かれている記事が多いですが、そういうのは全て無視しちゃって構いません。
あなたの心の在り方、性格を、まずは自分で肯定することから始めていきましょう。

完璧な人間になろうとして、本当の自分の性格を否定することなどしなくていいのです。

 

・気弱な自分。

・人の目線を気にしている自分。

・みんなと同じことができない自分。

こういった「弱い自分」を、まずは認めてあげることが大事です。

 

昨今は「完璧(あるいは人と違っていること)な人間、目立たず普通である人間」が人として最高であり、それ以外は全て病気認定(イカれた人認定)…こういった風潮が蔓延しています。

「人の目を気にすることは、人として欠落している」っていうレベルで、思いやりのある優しい性格の人を批判している意見が目につくようになりました。

「人の目を気にする性格」は問題ではありません。

その行為にはあなたの心が反映されているだけですから、深刻になりすぎず、「あぁ、自分はこういう性格をしているんだなぁ」と、まずは認めてあげることから始めていきましょう( ^ω^ )

 

 



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。