-まいんどくえすと-

Home / ギター / 偉大なリフメイカー達を参考に!エレキギターの作曲の幅を広げていくには?

偉大なリフメイカー達を参考に!エレキギターの作曲の幅を広げていくには?

guitar-1423941_640

ギタリストなら、やっぱリフでしょ!

オリジナル曲を作る際に、ロックギタリストのメインとなるものが「リフ」です。
リフというのは「楽曲中に印象的なフレーズとなるもの」のことです。

ロックギタリストにとっては、リフというものは大好物であることが非常に多いです。
僕も若干「リフジャンキー」みたいな部分があり、ロックな曲を作るときは、大抵リフから作っていきます。

先日にアップしたオリジナル曲もリフから作り上げていきました。
「リフってなぁに?」という方はぜひ聴いてみてください。(冒頭部分、1番最後の部分がリフです)

偉大なリフメイカー達

さて、今回の記事は「偉大なリフメイカー」ということを主題として書いていきます。

僕の大好きなギタリストであるスラッシュは「いいリフ作りをしたかったら、沢山の偉大なリフメイカーのリフを参考にすることさ」とアドバイスしています。

では、その偉大なリフメイカーとは、一体誰のことなのでしょうか?
僕の主観や好みもありますが、僕がリフ作りにとても参考になったギタリスト達をご紹介していきます。

ギター初心者の方で「将来、ロックなオリジナル曲を作りたい!」と思っている方にも役立つと思いますので、参考にしてみてくださいね。

ジョー・ペリー(エアロスミス)

img_0
(出典:これ、聴いてみてご。)

先ほと言ったスラッシュのアドバイス中にも、ジョーの名前が出てきます。
「ウォークディスウェイ」や「バックインザサドル」などでもクールなリフを連発しています。

僕はジョーのリフを最初に聴いたときは「イマイチ凄さがわからない」といった印象がありました。何か音使いも当時の僕にとってよくわからなかったし、インパクトの強いリフもそこまでない感じがあったんですよね。

ですが、自分で作曲するようになってからは、「…やっぱジョーはすげえわ」という風に、彼に対するイメージは大きく変わりました。
とてもユニークなフレーズを、カッコ良く弾くんですよねー…やっぱ凄いわ!

僕的に、ジョー・ペリーはユニーク・リフメイカーって感じ。
ということで、ジョー・ペリーを偉大なリフメイカーとして挙げておきます!

スラッシュ(ガンズアンドローゼズ)

4572441
(出典:prican

いよっ!待ってました!僕が心酔するほどファンのスラッシュ様でございます!
スラッシュのリフもユニークなものが多いです。

彼はジョーのリフを参考に曲作りを行っていたらしいですが、彼の影響は全く感じません。それもそのはず。
「俺は他のギタリストのコピー品を、さも自分の物のような顔をして弾く奴が理解できない」と言っています。

スラッシュのリフは、どこか70年代のクラシックロックな雰囲気を感じるんですよねー。
どちらかというと、ジョーよりもジミー・ペイジからの影響がある気もする。

個人的には、ガンズアンドローゼズの曲中のリフよりも、ソロプロジェクトであるスラッシュズスネイクピットや、マイルス・ケネディとやっている曲のリフが好きですね。
ガンズのリフはちょっとメロディアスなんですけど、ソロプロジェクトとかだとめちゃくちゃロックしているんですよねー。

ガンズで有名なリフだと「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」や「スウィート チャイルド オンマイン」ですね。
「スウィートチャイルド〜」に関しては、偉大なリフ10選にも選ばれていたと思います。
本人はそのリフを弾くのがあまり好きではないらしいですが…(笑)

スラッシュも僕が凄いと思うリフメイカーの1人ですね。

マイケル・シェンカー(UFO、MSG)

michaelschenker
(出典:asobist.com

マイケルはソロのテクニックで注目されがちですが、僕的にはリフ作りに関してもすげー!と思っているギタリストです。

UFO時代の「ロックボトム」、MSG時代の「イントゥー」などが有名。

「キャプテンネモ」とかもぶっ飛ぶようなリフを聞かせてくれますよ。なんでも「5弦が切れてるときに思い付いた」というリフが、この曲で使われています。発想が最早、神。

ダイムバッグ・ダレル(パンテラ、ダメージプラン)

1E74EB830EDC896881F1D2EC01825_h498_w598_m2-600x466
(出典:機材ノート

観客の銃乱射により亡くなってしまった悲劇のギタリスト、ダイムバッグ・ダレル。
彼はヘビーメタルのギタリストですが、かっこいいリフを作るのにも凄い才能を見せてくれました。

「カーボウイズ フロムヘル」などを筆頭に、ぱんてらやダメージプランで沢山のイカしたリフを聴かせてくれます。

RIP。

ジミー・ペイジ(レッド・ツェッペリン)

20110225_753853
(出典:ギター屋ブログ

最早、説明するのもおこがましい。
それくらい、ペイジのリフメイカーの才能は世間的にも超有名。

「ハートブレイカー」「移民の歌」など、代表作はたくさんあります。

個人的にはグレイテストヒッツなどのスタジオ盤だと音源的な迫力さに欠ける感じがありので、最初に聞くならライブ盤が絶対オススメ!
迫力さ、リズム感の生々しさを間近に感じることができるのがライブ盤の魅力ですね。

★オレ(希望)

530127_103234986480472_1156287838_n

…いやいや、うそうそw冗談冗談w
だって、いつか「たまは偉大なリフメイカーさ」なんて風に言われたいんだもんw

さて、冗談はさておき…
「偉大なリフメイカー達」を何名か挙げましたが、いかがでしたでしょうか?(一人変なの混ざってますが)

今回は有名どころなリフメイカーを紹介してみました。
ほかにもかっこいいリフメイカーはたくさんいますが、それを自分で探していくのも楽しい作業だったりするんですよね〜。

ぜひ、色々なリフを聞いて、あなたのリフ作りに役立ててみてくださいね。

…続編も書こうーっと(笑)



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。