-まいんどくえすと-

Home / 未分類 / コラム:嫌いなフィネス・納得できる釣り・自信

コラム:嫌いなフィネス・納得できる釣り・自信

やりたくないことや、興味のないことを続けることは難しい。
それが僕にとっての「食わせの釣り、フィネス」だったりする。

バス釣りを始めた当初は、どうしても「バスを釣りたい」という欲求が強かったため、ワームを使用する機会が多かった。

が、経験を重ねるにつれて、魚を釣ることに慣れていく。
慣れてしまうと、フィネスで一匹釣ったところで「確かに釣れたね。で、これが何になるの?」みたいに、捻くれた考え方になっていくことに、最近になって気がついた。

言い方を変えれば、これは「拘り」になる。
自分の釣りには「拘り」たいが、フィネスの釣りに偏見は持ちたくない。
が、正直なところ、セコい食わせの釣りを使ったフィネスに対して「ダセェ」と思っているのが本音である。
フィネスをやっている自分自身に対しても、そう思う。

–そんなルアー使うんなら、エサ釣りでもやりゃあいいじゃん。
ルアー使ってる意味なくない?–

こういった気持ちが全くないわけではない。

しかし、フィネスは釣れる。マジで間違いなく釣りやすい。
僕自身、魔が差してここ最近はフィネスの釣りを挟んだりしてるが、やっぱり釣れる。

スモラバちょうちんをやっていて、自分自身に対して「何か俺、セコいな。ダセェかも」という思いがあったりする。
現代のフィッシングシーンに合わせて、食わせのフィネスを自分の釣りに取り入れるか?
それとも、自分なりの趣味趣向を貫いていくための戦略を考えるか?
バスフィッシングに対して、悩みが全くない時期なんてなかったが、今も相当苦しい時期だと感じている。

趣味でやってるのに、好きでやってるのに、何で俺はこんなにも苦しい思いをしているんだろう?
もうやめてしまうか?
…こんなことを考える日々。

バスを釣る経験が増えてくると、「魚を釣る」という行為に対し、自分なりの意味や理由を重ねたくなってくる。
最近の僕でいえば、それはビッグベイトだったり、デカいトレーラーをつけたジグやテキサスリグだったりと、強めな釣りのことを指す。

一つ前の記事で「納得いかない魚」について書いた。
あれは「フィネスで数匹釣れました」というだけの、自分の釣りに納得がいかなかったという内容だった。

「釣れないから、とりあえずフィネス」
「ボウズ逃れのフィネス」

こんなものは、僕にとっての「納得のいく魚」を得るための釣りなどではない。
一番カッコ悪いパターンだし、自分で納得できないゲームだったと思う。

自己採点としては50点くらいの平均点はあげてもいい。
僕なりに考えて、良く頑張ったと思う。
やってるときは必死だから、自分のことを客観的に見れなかったとも思う。

でも正直、あの日はわりとイージーだった。
だからこそ、「何でハードベイトをやり続けなかったのか」という後悔の念がある。
終わったものはしょうがないんだけど、やっぱりあんな日は強い釣りを押し通しても良かった…と、今になって思う。
切り替えていかなきゃ。

「自信」とは、自分を信じる、と書く。
僕は多分、自信がないのだ。

だから情報に流されてしまったり、ネガティブな気持ちに飲まれてしまう。
だから、自分が「これだ!」と思った釣りを貫けず、無難な選択ばかりをする。
だから、こういった自己批判を行なってしまう。

自分を信じて、自分の釣りを貫ける人はカッコいい。
例えそれがフィネスだろうがセコ釣りだろうが強い釣りだろうが、自分の釣りに深い意味や理由を持たせられる人は尊敬する。

自分なりに試行錯誤して、自分の得意なジャンルの釣りで食わせる。
別にサイズ何かどうでもよくて、本当に自分が愛しているスタイルに食ってきてくれる魚と出会いたい。
これが、僕にとっての理想的な釣り。

が、現実はそう甘くはない。
関東を代表する亀山ダムや相模湖というフィールドでは、得意な釣りを押し付けるだけで簡単に結果を出せるほど簡単ではない。

だからこそ、「俺はこのスタイルを貫く」という強い意志が欲しい。
流行に流されず、自分の「好き、得意」を積み重ねていきたい。

しかし、実際の僕はそんな立派な人間などではない。
流行に左右されるし、ミーハーだし、飽き性だし、メンタルもグズグズ。
だからこそ、田辺哲男や奥村和正、キムケン みたいな、自分のスタイルを貫いている人に憧れる。

彼らのような「自信のある釣り人」に、少しでも近づきたい。
だから僕は、自分自身を誤魔化すことをやめることから始めなきゃならない。



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。