-まいんどくえすと-

Home / カウンセリング / たった1つ意識したら、人間関係の悩みがほぼ無くなって快適になった。

たった1つ意識したら、人間関係の悩みがほぼ無くなって快適になった。

人の話を聞きすぎちゃって疲れちゃうことってありませんか?
僕はわりと人の感情とか気持ちを受けすぎちゃって疲れすぎちゃうときがあります。
他者のイライラとか愚痴、それから雑談やら騒音…優しい人や思いやりのある人ほど、こういうことに影響を受けてしんどくなってしまう傾向が強いです。

そういうときこそ、

課題の分離

がオススメ!!!!

 

これは心理学者のアドラー先生がずいぶん昔に提唱していた理論なんですが、現在でもバリバリ応用できます。

まず人の話を聞いているときに、「この話、私に関係あることなのかな?」と超合理的に判断します(笑)。

優しすぎる人、思いやりの心が強い人はこれに抵抗があると思いますが、思い切ってズバっと合理的にいきましょう(笑)

 

この話題(課題)は相手が乗り越えなきゃいけないものなのか?
それとも自分にも関係があって、一緒に解決しなければならないのか

このように、話の”コア”の部分をまず把握しつつ、

 

自分に関係ないようなテーマであれば、深入りせずに相手が課題を乗り越えるのを信じる。
自分にも関係しているテーマであれば、ともに解決するよう話をしていく。

 

例えば、すっごいうるさい人がギャーギャーと愚痴っていたとします。
今までだったら親身になって聞いてあげたり、「うるせーな!」なんて心の中でイライラしながら聞いていた。
でも「課題の分離」を応用すると、無駄に相手の話題(課題)に介入する必要がなくなるのでストレスが減るんですよね。

 

うるさく愚痴っていたとしても「この悩みは、あの人自身が乗り越えなければならない課題なんだ。見守ってあげよう」と解釈することで、相手に深入りしなくなるんですね。
相手の感情や悩みに同調することもなくなり、相手を尊重する態度もとれるようになってくる。「そうなんだ、大変だね。応援しているよ」みたいに。

今までだったら「それはこうするといいよ!」みたいに余計なアドバイスしちゃったり、「それは違うよ!」と自分の価値観を押し付けてしまいがちだったり。こういったものが一気になくなります。

 

ある意味、「課題の分離」は上っ面な感じ。でも、「相手が課題を乗り越えるのを信じる」っていうのは尊重に繋がる。

 

この「課題の分離」は、(僕のように)優しい人とか、純粋な人や思いやりのある人は最初は抵抗あると思います。
でも、その優しい心が自分を苦しめていることも事実。
「少しでもこの苦しみを減らしたい!」って思ってる人は、騙されたと思ってやってみて!!

無駄な自己啓発書を何冊も買うより、よっぽど効果があるテクニックですから。やるだけならタダだしw( ・∇・)

 

 



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。