-まいんどくえすと-

Home / ギター / 楽曲コピーで、エレキ・アコギは100%上達する。これが初心者の最初の課題。

楽曲コピーで、エレキ・アコギは100%上達する。これが初心者の最初の課題。

hymnal-468126_640

まず最初はコピーから始める

ギターを手にして一番最初にすることは、おそらくほとんどの場合は「楽曲のコピー」になります。
「いやいや、私はいきなりオリジナル曲をやるから!」という方も中にはいるかもしれませんが、そのような方はそもそもこんなサイトを検索することもありませんよね(笑)

僕がギターを始めた頃も、まず最初に始めたのは好きな曲のコピーでした。(ポルノグラフィティの「サウダージ」です。懐かしいなぁ)
もしあなたが「効率よく練習したい。無駄な練習せずに上達したい!」と思っているのであれば、まずは楽曲のコピーから始めることをおすすめします

以前の記事で「コピーばかりだとオリジナリティが出せない」的なことを言いましたが、ギターを始めたての頃はそんなこと気にしなくて大丈夫です。
だって、コードを1つも押さえられないのにいきなりオリジナリティを求めてしまうと、「俺はオリジナル曲作るぜ!うおお!…で、コードってどうやって押さえるの?」ってなっちゃいますからね。

というか、コードを覚えることでさえ、「コードという物を作った先人達の知恵」をコピーしているようなものですからね。
初心者ギタリストは、コピー(真似)から演奏方法を学ばざるを得ないんです。

では、どういった方法で無駄無くコピーを行えるのかご紹介していきますね。
まずは、楽曲選びから。

好きな曲を選ぶ

曲選びで大切になるポイントとして、「好きな曲を選ぶ」というものがあります。
だって、普通に考えて、嫌いな曲でコピーなんかやっていてもクソつまらなくないですか?(笑)

大好きな人と仲良くおしゃべりするのと、大嫌いな人と嫌々お付き合いするのと、どっちがお好みですか?
間違いなく前者ですよね。
コピーする楽曲とは、短い時間ではありますが、あなたが精力を尽くしてお付き合いする相手(曲)に相応するんです。

ですから、まずはあなたが「この曲を演奏したい!」と思えるような楽曲を探してみましょう。
もし、そういった曲が特に思い当たらなければ、ギターの練習で有名どころな曲を練習してみるのもいいですね。
ディープパープルの「スモーク・オン・ザ・ウォーター」とか、ツェッペリンの「天国への階段」とか…。
でも個人的に、過去にレッスンで生徒さんに教えてきた経験から、人におすすめされた曲って、生徒さんは楽しんで練習できている感じがありませんでした。

なので、まずはたくさん曲を聴いてみて、「これがやりたい」と直感で選んでみるほうがいいと思います。直感で選んだことって、大抵は大きな外れはありませんから。

楽譜か、耳コピか

コピーする曲が決まったら、次は「それをどのようにして演奏するか」という部分に入って行きます。
現在では楽器店やインターネットで楽譜(タブ譜)は簡単に手に入ります。

ですが、ここで問題になってくるのは、自称ギター中級者〜上級者さんの「コピーは耳コピでやるべき論」です。
ぶっちゃけ、どうでもいいです。
耳なんか数をこなしていく内に勝手に鍛えられますから、初心者のあなたは安心してタブ譜で練習しちゃって全然オッケーです。

まぁ、確かに最初から耳コピに慣れておいたほうが、音感も鍛えられますが…。
でも、耳が鍛えられていない段階で耳コピに時間をかけていると、練習の効率が圧倒的に悪いんですよね。

多分、あなたが超絶に頑張って耳コピで1曲を練習し終えた頃には、タブ譜で練習し始めた周りの友達は3曲くらい弾けるようになってますよ。
それくらい、初心者の耳コピは効率が悪いです。

最初から耳コピするとかは、はっきり言って時間の無駄です。
音感なんて、腕が上達してくれば勝手につきます。

絶対音感なんて幼いころから教育受けていないとつかないんですから。
僕たち相対音感の人間は、音感を鍛えることは死ぬまで可能です。

もしあなたが「周りの人は耳コピしろって言ってる」という場合でも、そんなことは無視して構いません。
まずは、音感うんぬんよりもギターの技術を身につけましょう。耳を鍛えるのはその後からでも全然遅くはありません。

…まぁ、偉大なギタリスト達は最初から耳コピでやってましたがね…

コピーは暗記

では、あなたがコピーする曲を選定し、そして楽譜を入手したことを前提で話をすすめていきます。

まずは、楽曲のイントロからコピーを開始していきましょう。

日本では、以下のような構成の曲がほとんどですので、それを例にしながら暗記方法をご紹介します。
まず、日本の楽曲は

イントロ
A
B
サビ
A
B
C
アウトロ

こんな感じですね。洋楽でも一応これが基本ではありますが、若干違っていることが多いですね。Bメロがなかったり、サビがなかったり。色々あります。
日本ではこの形式の曲がほとんどですので、これを覚えておくだけでもコピーの速度を飛躍的に早めることができます。
だって、一番を覚えてしまえば、二番から先は全て同じですからね。

では、これをどのようにして練習していけばいいのでしょうか?
過去の記事で「コピーは暗記」とお伝えしましたが、やはりここで重要になってくることが「暗記力」です。

まず最初は、イントロを「完璧に弾けるようにする」のではなく、「暗記」しましょう
テンポはとってもゆっくり。いきなりメトロノームとかは使わなくていいです。
「自分の最速」でいいんです。
それがBPM20であろうと、つっかえながらであろうと問題ありません。

まずは「自分なりの速度で弾きながら暗記する」という作業を繰り返していってください。
ゆっくり弾きながら暗記していって、少しずつ速度を上げていきましょう。
この段階では、まだ原曲の速度より遅くて大丈夫。

原曲の速度に合わせて弾くのは、「全体をゆっくり弾けるようになり、尚かつ楽譜を見ないでも弾けるまで暗記してから」になります。
あるいは、「1番のサビ終わりまで暗記できていて、ゆっくりなら演奏できる」というくらいまで練習してからでもオッケーです。
なんなら、それがイントロだけでもいいです。

コピー方法、練習方法に完全な正解はありませんから、あなたなりの「楽しめる練習方法」を探していってください。

僕がやっていた練習方法は、「A→AB→ABC」というように、曲の部分ごとに最初から練習していって、頭から暗記していくようにしていました。
Aをやって、AとBをやって、Bをやる前にAの内容を忘れてしまっていたら、またAをしっかりと反復…って感じですね。
基本的には暗記ですので、あなたが覚えやすい方法が他にもあるのであれば、ぜひそっちを採用してください。

練習方法に正解はない

コピーの暗記方法、練習方法は以上になります。

ギターの練習方法には正解・不正解はありません。
この記事では僕個人の練習方法を紹介していますが、それがあなたに合うのかはやってみないとわからないんです。
ですから、色々な方法を実践してみて、あなたに合ったやり方を模索して行ってみてください。



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。