-まいんどくえすと-

Home / 心と身体 / 気分の波は”低血糖症”が原因かも。ラーメン食いてぇ…。

気分の波は”低血糖症”が原因かも。ラーメン食いてぇ…。

 

 

 

低血糖症になっちまいました!;v;
低血糖症って何よ?って感じなんですが、簡単に言うと「糖尿病の前兆」みたいなものです。
血糖値のコントロールが上手にできなくて体調を崩してしまう病気ですな^w^;

 

_____

 

 

数年前から気になっていたことがあるんです。それは、「1日の体調変動の激しさ」。
少し前にメンタルを崩しちゃった時期があって、僕ってあまりにも気持ちとか体調のアップダウンが激しすぎるよなぁ、と。

 

過去に診断を受けた病院の先生には「躁うつ病だ!」とか言われたこともありましたけど、なんとなーく自分の中で納得がいかなくて。
「生きてきた中で、調子がよくてとても元気だった時期と、落ち込んで何もできない時期が波のようにきませんでしたか?もしあるのだとしたら、あなたは躁うつ病です」的なことを言われたんです。

内心、「いやいやwそんなん誰だってあるでしょw調子のいい時期と悪い時期なんて、長年生きてりゃ誰でも感じるってw」と完全に医者を信用できなかった感じもあるんですけど、やっぱり納得いかなくて。

 

__

確かに僕は他者よりも打たれ弱かったり、他人の言葉に傷つきやすい部分もある。
失恋してマジに落ち込むこともあれば、友人や同僚に劣等感を感じて虚しくなることもある。
でもね、そういったことを一括りにして「はい、あなたうつ病ね」と断定してしまう医者ってどうなのよ?と、薄々感じていたわけです。

そこでここ4年ほど、自分の心と身体のことを必死こいて調べていました。
たくさんの本を読んで、いろいろなことを経験しました。

 

あるときは、自己啓発本を読んで洗脳されかけたり。
またあるときは、ビジネス書に影響を受けて「利益!効率!成功!」と、合理的な行動をとることだけに必死になり。
そしてまたあるときは、スピリチュアルな本を読んで「私は変わったのだ…全人類は過ちを犯しすぎている…私が正しいのだ」などと、頭のイカれた謎の宗教者になりかけたり(笑)^w^;

 

 

__

 

そういう紆余曲折を経てたどり着いたのが、「血糖値」です。
…まぁ「いきなり”血糖値”かよ!」って感じなんですがw

こう思ったのにはちょっとしたワケがありまして。

 

たまたま見ていたテレビにとある女優さんが出演していて「私、ちょっとわけあって糖質オフ生活しなきゃいけなくて〜」と言っていたんです。
そこで、ふと思ったのです。「あ、俺の気分変動は血糖値にあるかもしれない」と。

 

 

過去に食事療法の本を読んでいて「食事制限で気分が変わるかもしれない」と感じたことは何度かあって、グルテンフリーとか低血糖ダイエットとかにも手を出しました。でも長続きせず。
「食べること」は、僕にとってどうしても欠かせないというか、人生を生きる中で唯一の喜び(言い過ぎかw)ってのもあってしんどかったんです。

でも今回はビビっときたのです!直感に任せることにしました。
そこでまず何をしたかというと、新宿にある病院で低血糖症の検査を受けることにしました。「5時間糖負荷検査」というらしい。

 

どんな検査かというと、甘いジュースのような検査液を飲んで、その後5時間でどういった気分の変調があるのか調べるといった感じ。
検温と、血糖値を計るための採血を30分おきぐらいに行い、そのときの気分もメモしていく。これだけ。

 

 

検査中に頭がグラグラしてきたり、急に死にたくなってきたり憂うつな気分になってきたり、とってもノーマルな状態になったり、冷や汗かいて寒気を感じながらガタガタしたりと、ちょっとした検査なのに症状が見え隠れしてきたりしました。
こうしてみると、特に外部的な要因もないのに、なんだか勝手に気分が動いたりしていることに気がついて、少し怖かったですw^v^;検査中、「俺、マジで血糖値がおかしいのかもしれない」と焦ってきたりもしました。

 

 

検査結果は2週間後に出るようで、その結果がこちら。

 

 

 

これだけ見てもよくわからないと思いますが、健常者の血糖値の動きと見比べてみると、一目瞭然。

普通の方はこんな感じ。

 

 

 

 

通常なら血糖値は高くても140くらいまでしか上がらないのに、僕の場合は200越えという超絶な記録を叩き出しています。
血糖値のK点越えじゃ!!
…とかバカみたいな冗談を言ってる場合じゃなくて…(笑)

「いやこれ、やばくない?マジで糖尿病になりかけじゃないか」という焦りを感じて、現在は治療中。

 

 

低血糖症といってもいくつかのパターンがあるらしく、僕の場合は「反応性低血糖症」というよくあるパターンみたい。
AKBのどなたかがこの病気になって、一時期活動を休止したこともあるくらい、真面目に治療しないとヤバい病気らしいです。

治療ってのは、とりあえずは糖質(炭水化物)をカットした食事療法がメインのようで、現在も実行中。
「なんだ、簡単じゃん!」と思われるかもしれませんが、炭水化物大好きな僕にとって、糖質抜き生活はマジでしんどいっすよ…^w^;;
大好きなラーメンやグミを我慢しなければならない生活はガチに地獄なんですが、「まぁダイエットにもなるし、丁度いいかな」と前向きに取り組んでおります。

 

低血糖症は現代病です。誰にでも可能性がある病気なので注意。

日頃から「甘いもの食べないとイライラしちゃう」だとか、「炭水化物を食べたくなる衝動がある」とか、「おしっこが泡立つ」とかの症状がある場合、低血糖症の疑いがあるらしいです。

また、謎の気分変調や、朝起きられなくて学校に通うのが困難だったり、キレやすかったりするのも、この病気が原因だったりもするようです。

ピン!と来た方は、5時間糖負荷検査を受けてみることをオススメします。

 

 

 

 



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。