-まいんどくえすと-

Home / タックルインプレッション / 折れるってマジ?レイドジャパンのロッドの真実。グラディエーター アンチ ジョーカーのインプレ。

折れるってマジ?レイドジャパンのロッドの真実。グラディエーター アンチ ジョーカーのインプレ。

ご観覧ありがとうございます。

 

先日レイドジャパンから発売されたロッド、「グラディエーターアンチ」ですが、実際に購入して使用してみました。
今回買ったのは、グラディエーター アンチ ジョーカー というモデル。

巻きモノが好きでこのロッドが気になるっていう人、多いんじゃないかと思います。
ですが、レイドのロッドはネット上では悪評のほうが目立っていて、購入に踏み切れないでいる人もいると思います。
僕もその内の一人でした。

「使ってみたい…でも折れたら嫌だ…高いの買って性能がクソだったら辛い…」みたいな悩みをずーっと抱えていました。

でもやっぱり、使ってみたいもんは使ってみたいんじゃ!!と、思い切って購入(笑)^w^

 

null-3

 

レイドのロッドは「折れる」だとか「パキパキで脆い高弾性ロッド」だとか噂されていますが、どうしてもグラディエーターを使ってみたかったんです。

 

あなたはこんな不安を抱えてたりしませんか?

・レイドのロッドを使ってみたいけど、折れるって噂だし不安…。
・おおざっぱな性格だから、繊細なロッドはちょっと…。
・レイドは好きだけど、スペック的にしょぼいのはアレだし…でも正直使ってみたいんだよなぁ。
・デザインは好きだけど…やっぱ折れたらお金もったいないし…。

僕も以前はこんなことで悩んでいて、購入に踏み切れませんでした(ネットの情報も少ないですしね^v^;)。

 

 

結論から言います。

 

大丈夫。
グラディエーターは決して簡単にポキポキ折れるようなロッドではありません。

 

なぜそんなことが言えるのか、今回のインプレを見てもらえばわかるはずです。

では早速、使用感を書いていきます。

 

※2018年4月更新※

 

 

 ______________

使用リール&マイデータ

 

・メタニウムDC

・ジリオンSVTW

・タトゥーラSVTW

・スティーズSV

マイデータ:175cmの中肉中背。腕と手首の筋肉は少なく、右手に腱鞘炎持ち。左手首にも爆弾を抱えています。
ロッドを振る速度は速いほうではありません。

使用フィールドは小・中規模の野池、広大なリバー

 

_________________

バランス

 

重量は110g(くらい)ということもあり、とても軽やか。
ジョーカーは6フィート10インチあるのですが、長さを感じさせないほどです。

 

また、グリップが割と短めに作られているので、巻物を使用したときにロッドを持つ腕を変える際に、服に引っかかるなどのストレスもほとんど感じません
普通、6フィート半以上のロッドになるとグリップも長めに作られていることが多いですよね。
ですが、このジョーカーは「巻物にドンピシャのロッド!」というコンセプト通り、ロッドを持ちかえたりするときにとても扱いやすい。
ハードベイターにとって、ロッドグリップの取り回しの影響は地味に大きいのですものね。

このグリップ長のおかげで、近距離でスピナーベイトやクランクを連続でキャストしていくときにも、グリップが邪魔にならないので、と〜っても楽^v^

 

 

DSC_0781

上から、グラディエーターアンチ ジョーカー、ロードランナーヴォイス680H、ブレイゾン 6102MHB。

こうして並べてみると、ジョーカーが一番長いレングスなのに、一番短いグリップをしているのがわかります。

 

 

 

___________________

キャスティング

 

グラディエーターアンチは中弾性〜低弾性とのことだったので「さぞかしロッドが曲がりに曲がって、キャスティングが気持ちいいのだろうな」と期待していました。
ぶっちゃけ、購入当初は硬くて扱い辛いな〜と思っていました^v^;
ホントに中弾性なの?コレ…みたいな(笑)
でも使い込んでいく内にロッドにしなりが出てきて、キャスティングがチョー快適になっていきました。

 

7〜9g程度の軽量ルアーはしっかり投げられます。
ただ、7gだと投げるのがちょっと苦しいかな?
9gのシャロークランクとかだと気持ちよく投げられます。ブランクスがしなやかで、遠投も効くようなブランクスなので、おかっぱりでかっ飛ばすのも気持ちいい。
レベルクランクとかだと、正に「このルアー専用ロッドなんじゃないの?」って思っちゃうくらい、キャストを楽しむことができます。

 

10〜18gのルアーはバッチリ!
僕はこの重量帯のルアーを扱うのが一番このロッドに合っていると感じました。
おかっぱりで多様する3/8〜1/2ozスピナーベイト、ミッドクランク、トップウォーター、1/4〜1/2ozのチャターベイト、5〜9gジグ、3.5〜7gテキサス…こういった中量級ルアーがマジでめちゃくちゃ扱いやすい。

 

ロッドのスペック上限として設けられている3/4oz程度のルアーも余裕
ハートテールのようなシャッドテール、バイブレーション等々、しっかり余力を感じながらキャストできます。

 

これ以上の重量級ルアーを投げるのは、さすがにキツいです。
ちょっと1ozはしんどい…無理をすればギリギリ…っていうレベルになります。
ジョーカーでヘビー級まで扱うのはオススメできません;

 

 

 

________________

短所

ここは好みでもあるんですが、中弾性ですがシャッキリとしています。

 

もしあなたが、エクスプライドとかのシャッキリしたロッドに使い慣れているのであれば、ジョーカーは快適に扱えるでしょう。
でも、普段ロードランナーやグラス、柔らかいロッドを好んで使っているのであれば、最初は「Mパワーなのにシャッキリしているな;」と不安になってしまうかもしれないです。
僕は買った当初、ちょっと焦りましたw
ですが、この点は使っている内に慣れてしまう要素でもあるんで、そんなに不安視することでもありません。
ロッドの慣らしを終えてしまえば、ブランクスが気持ちよく曲がってくれるようになるから心配しなくて大丈夫。

 

あと、小さい野池やオーバーハングの下で小さなスイングでピンスポットを狙うような釣りには不向きかな〜と思いました。
長いロッドなので、小場所には向かないんですよね…。

でも、通い慣れたフィールドで使うのであれば、「ここは頭上に木があるからロッドを当てないようにしよう」と気をつけながら扱えば大丈夫。
僕も小場所でこのロッドを使ってみましたが、事前にどんなフィールドなのか知っていたので、ロッドの取り回しは気になりませんでした。

狭い場所でも取り回しを注意しながらキャストすれば、全然余裕。

 

好みと、で短所なんて余裕で乗り越えられます^v^

 

 

 

________________

ロッドパワー

40オーバーくらいの魚であれば、相手に引き負けずにファイトするパワーがあります。
20〜30cm台のバスは余裕でぶっこ抜き出来る。40cmになるとさすがにしんどい。40前半なら大丈夫かな?

また、ライトカバーにテキサスやジグを打ち込む釣りでもカバーに負けることなく、ちゃんとルアーを操作できるティップの強さもある。
それでいて、遠くでバスがかかったときでもフッキングも決まる。

 

少々手荒なことしても、折れる気配は全くありません。

何度も言います。

よっぽど手荒なことをしなければ、グラディエーターは簡単には折れません。

 

足場が高い場所でデカバスを無理して抜き上げたりすると、そりゃどんなロッドでも折れますがw、事前にネットを用意すればパワー不足を感じる場面はほとんどないように感じています。

 

 

_______________

感度

 

底物を使ったときにボトムをずる引きすると、感度は絶妙

魚のバイト、ボトム感知力に無駄なものがないような気がする。
感度ビンビンのロッドだと、バスのバイトなのかどうなのか、感じ取れる量が多すぎて神経質になってしまいがち。
でもアンチシリーズの伝達力は、そういう雑音が少なく、余計な情報はカットしてくれています。
だから、底物をやっていても全然疲れないんですよね。

個人的には、ワールドシャウラやロドランのストラクチャー、エバグリやメガバスよりも、感度の伝わり方は好き。
多分、全社の中で一番好きw

 

 

 

_______________

遠投力

ちょっと広いエリアでハートテールやバイブレーション、重めのスピナーベイトやバズを大遠投してみました。
すると‥

かっ飛ぶ!
それもかなり気持ちがいい!
そしてロッドが気持ち良く曲がる!!

とにかく気持ち良くかっ飛ぶ。中距離〜遠距離のピンスポットを決めていく釣りとか、昇天するくらいキャストが気持ちいい。

小規模の野池で使っているとわからないんですが、広大なフィールドで飛距離を求められる釣りをやるときに、アンチシリーズは強みを発揮するな〜と感じています(^w^)/

「これ、シーバスロッドとかにも使えるんじゃないか?」とか思ったりするくらい、とにかく遠投が気持ちイイ♪

 

ワールドシャウラよりも

ロードランナーよりも

エクスプライドよりも

気持ち良い‥‥。今まで使ったどのロッドよりも、中距離〜遠距離が気持ちいい。軽くエクスタシー…。

 

釣果重視ばかりで日に日にセコ釣りに走っていた僕に、「かっ飛ばす喜び」を思い出させてくれたのが、グラディエーター アンチ ジョーカー

 

 

 

 

 

_______________

まとめ

インプレは以上になりますが、参考になったでしょうか?
グラディエーターアンチ”ジョーカー”は、

・ロングキャストで広範囲に探る釣り。
・中距離〜遠距離のピンスポットを狙い打ち。
・底物をピッチングで決めていく。
・7〜21gまでのルアーを扱う釣り。

 

こういった釣りで生きるロッドだな〜と感じました。
広大なフィールドでおかっぱりするときや、野池の釣りでの1本、ライト〜ミディアム系のルアーの巻物あるいは底物の釣りでオススメのロッドです。

アンチシリーズは低価格ということもあり、人気の高いロッド。
実際に使ってみれば「あ〜こりゃ売れるよね」っていう理由がわかると思います。

それと、折れるからやめたほうがいいっていう悪評は、あんまり気にしなくていいと思います。
好きなロッド、気になるロッドを素直に使って釣りをしたほうが、絶対楽しめますから^v^

「安い、カッコイイ、汎用性高い」

こんな要素を持ち合わせてたら、そりゃ〜レイドファンだったら気になっちゃうよね!って感じですよね(笑)
変な先入観なんて捨てて、もっと早く使えばよかったな〜と思っております。

 

◆価格、スペック等◆

 

2018年4月時点での最安値はココ!気になる方はチェック♪↓

 

 

レイドジャパン GLADIATOR Anti GA-610MC Joker【大型商品】(東日本店)

 

 

 

 

 

 



「管理人のプロフィールとかはコチラからどうぞ(-^o^-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。